【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑱ 朝顔市

(台東区 入谷鬼子母神周辺)

 「1鉢2000円。ほら、たくさんつぼみがあるだろー。種を取るんなら9月に咲いたやつにしな、8月までに咲いた花は摘むんだよ。水やりは2回、夜露にあてるといいよ」。おねえさんの活きのいい声が、あちこちから聞こえてくる。売り子には声がよく通る女性が多い。

 入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神のあたりから言問通りに120軒の店が並ぶ。道路の反対側には、露店が100軒ほど出て賑わう。江戸時代から、入谷で盛んだった朝顔栽培はすたれたが、戦後、朝顔市として開催。毎年7月の6、7、8日の3日間行われ、40万人が訪れる。

 朝顔市が終われば、9、10日は浅草観音さまの四万六千日、ほおずき市だ。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年7月5日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1. 「気候危機はいのちの問題」とマーチでアピールする参加者=9月23日、渋谷区  「進み続ける気…
  2. 厚労省の担当者に要望書を手渡す保団連住江憲勇会長(右から2人目)と役員=9月22 日、千代田区(写…
  3.  敬老の日の9月15日時点の東京都の高齢者(65歳以上)人口が312万人となり、前年比で2000人…
  4. 倉林氏(中央)に署名を手渡す参加者=9月21日、千代田区  75歳以上の高齢者への医療費窓口…
  5. 「私事ではなく、後に続く人のためにも必ず逆転勝利を」と訴える岩崎さん=9月24日、狛江市 「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る