【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑱ 朝顔市

(台東区 入谷鬼子母神周辺)

 「1鉢2000円。ほら、たくさんつぼみがあるだろー。種を取るんなら9月に咲いたやつにしな、8月までに咲いた花は摘むんだよ。水やりは2回、夜露にあてるといいよ」。おねえさんの活きのいい声が、あちこちから聞こえてくる。売り子には声がよく通る女性が多い。

 入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神のあたりから言問通りに120軒の店が並ぶ。道路の反対側には、露店が100軒ほど出て賑わう。江戸時代から、入谷で盛んだった朝顔栽培はすたれたが、戦後、朝顔市として開催。毎年7月の6、7、8日の3日間行われ、40万人が訪れる。

 朝顔市が終われば、9、10日は浅草観音さまの四万六千日、ほおずき市だ。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年7月5日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1. 「子育て支援拡充を目指す会」との懇談で=18日  2023年の通常国会が始まりました。 …
  2.  「おうさまは たいほうを ひとつ もっていました。それは せんぞだいだいより つたわる りっぱな…
  3.  ウクライナ戦争が始まって7カ月を過ぎたが戦火は止みません。この間、対ロシアへの経済制裁に同調した…
  4.  府中市晴見町の一角、東京農工大学の正門の目の前で、住宅や教育施設が多く集まる地域に、統一協会の創…
  5. (板橋区 徳丸北野神社)  田遊びは国指定重要無形民俗文化財。毎年2月11日6時から行われる…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る