〈一分 6月26日号〉東京の新型コロナの死者数は、大阪などに比べて少ないと自賛…

 参院選は22日、公示を迎え、7月10日の投票日まで大激戦の選挙戦が始まります▼公示直前の18日、都民ファーストの代表、荒木千陽氏が、連携する国民民主党の玉木雄一郎代表、小池百合子都知事、労働組合の連合の芳野友子会長らと街頭演説に立ちました▼演説を聞いていて、のけぞりそうになったのが、小池都知事の言葉です。東京の新型コロナの死者数は、大阪などに比べて少ないと自賛。「荒木さんに東京の成功例を、国政に伝える伝道師になってほしい」と支持を呼びかけました▼「成功例」どころか、東京は何度も深刻な医療崩壊、福祉崩壊に陥り、助けられる命を救えない事態を招きました。事業者からは補償なき「自粛」への怨嗟の声があふれ、必要な人にも届かない検査体制に多くの都民が苦しみました。現状は、コロナの新規感染者数が落ち着いているといっても、「喉元を過ぎれば…」としか言いようのない知事の言葉には違和感しかありません▼物価高が急速に進み、生活の苦しさが増しているなかでの参院選です。庶民の懐をあたためる政策を取ってこそ、経済の好循環をつくり、危機に強い日本経済を取り戻すこともできる―やさしく強い経済の実現は、コロナ禍の教訓を未来に生かすための重要な争点です。

〈東京民報2022年6月26日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る