都立・公社病院が独法移行 連絡会「歴史的暴挙」

 8つの都立病院と6つの公社病院全てが「地方独立行政法人東京都立病院機構」に運営が移行される7月1日、「都立病院の充実を求める連絡会」は「地方独法化強行という歴史的暴挙に抗議する」との声明を発表。「移行後も都立病院・公社病院時代の医療水準を維持し、都民のいのちを守る砦としてさらなる充実を求めていく」としています。

 都立・公社病院の独法化を巡っては、行政的医療の後退を招くとして反対運動が広がり、反対署名は40万人を超えましたが、小池知事は計画を強行。2019年12月議会で独法の定款が可決、22年3月都議会で自民、公明、都民ファースト、維新の賛成多数で都立病院廃止条例が可決され、独法化を決定しました。

 声明は独法移行後、「独立採算性となり病院経営が優先されることとなる」とし、「不採算医療の継続困難、患者負担増や職員の賃金労働条件の低下、病院の統廃合などが懸念される」と指摘。独法化に賛成した政党・会派に対し「責任は重い」とする一方、ここに至った以上、「独法移行後も現在と何ら変わらない」「行政的医療への予算は確保する」との主張通り、都に確実に実施させる責任があると強調しています。

〈東京民報2022年7月3日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る