安全対策こそ改革 株主総会前 JAL争議解決求め宣伝

志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区

 「稲盛和夫会長(当時)は『改革が安全対策だ』と言い効率化を最優先したが、私は『安全対策こそが改革だ』と声を大にして言います」―他社でも旅客機の機長を務めたベテランパイロットの迫真のスピーチに足を止めて聞き入る人がいました。6月21日、日本航空解雇者労働組合(JHU)などはJALの株主総会を前に宣伝行動を実施。同組合員の他、支援者ら70人超が参加して12年目になる争議の全面解決を呼びかけました。

 本争議は2010年に政府主導で破綻したJALの再建が進められる中、年齢や病休で一律にパイロットと客室乗務員165人を同年大晦日に解雇したものです。希望退職で人員削減目標を大幅に超過達成していたにもかかわらず強行し、人員が不足し運行に支障をきたしかねない事態に陥りました。

 そのため、解雇された人員を優先的に採用するという国際労働基準を無視して大量に新規採用を行う一方で、被解雇者を元の仕事に戻したケースはほぼないという異常事態が続いています。

 この日、マイクを握ったJHUの山﨑秀樹書記長は「知床観光船の事故のニュースを聞いて、安全をないがしろにした結果だと心が痛んだ。公共交通機関にとって安全は命綱。経験を積み、安全のためにモノを言う人間の解雇は異常だ。職場に戻すべきだ」と、早期解決への力添えを株主に訴えました。

関連記事

最近の記事

  1. 第1回締約国会議前日 非人道性会議でスピーチ KNOW NUKES TOKYO 中村涼香…
  2. ▲音声読み上げ  東京外環道の大深度地下トンネル工事は、調布市東つつじヶ丘での地表陥没や巨大…
  3. ▲音声読み上げ 佐藤事務局長(左端)に寄付目録を手渡す河野氏と大山都議(右端)=7月25日、…
  4. 都庁
    ▲音声読み上げ  市議選(7月24日投票)後初のあきる野市議会が7月28日開かれ、村木英幸市…
  5.  帝大の寮を出て小石川の法蔵院に蟄居(ちっきょ)した金之助(漱石)にとって、明治28年(1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る