羽田新ルート 氷塊落下の不安解消を 渋谷区議会で意見書

 渋谷区議会は 6月15日、3月に渋谷区内のテニスコートに氷塊が落下したとされる問題で、羽田新ルートへの「住民の不安を解消する策を講じる」よう求める意見書を可決しました。

 氷塊が落ちたテニスコートの周辺は、高いビルなどはなく、住民からは「飛行機からの落下しか考えられない」と声があがっています。他方で国交省は、当時、上空を飛んでいた可能性のある航空会社に確認したなどとして、調査を打ち切りました。

 意見書は、同区議会が、落下物事故のリスクなどを不安視する住民からの声を受け、意見書をあげてきたことを指摘。「しかしながら、地域住民の不安を解消するには至っていない」としています。

新宿区議会 固定化回避求める

 羽田新ルートをめぐっては、新宿区議会も6月20日、新ルートの固定化回避を求める意見書を全会一致で可決しました。同区議会に、約100人の町会長が賛同する新ルートの運用停止を求める陳情が出されるなど、区民から新ルート反対の声があがっていました。

〈東京民報2022年7月3日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る