気候危機を争点に FFF東京がスタンディング〈2022年7月10日号〉

思い思いの手書きのプラカードでアピールする参加者=3日、新宿区

 気候変動を参院選の大きな争点にしようと、気候危機への対策を求める若者グループ「フライデーズ・フォー・フューチャー東京(FFF東京)」は3日、新宿駅前でスタンディング行動に取り組みました。

 大学生で18歳の山本大貴さんはスピーチで、「気候危機対策は、時間があまり残されていない。システムを変えるには、政治の力が必要で、危機感を持ってほしい」と訴えました。

 「候補者ごっこ」の寸劇企画も。気候危機に熱心な候補と、無関心な候補に扮して討論しました。熱心な候補を演じた大学生の田原美優さんは、「楽しいスタンディングにしたくて、この企画を考えました。気候危機が様々な分野に影響するとても深刻な問題だということを、多くの人が知って、投票に行ってほしい」と呼びかけました。

〈東京民報2022年7月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る