共産党都議団 直営に戻すために全力 病院独法化強行で抗議声明〈2022年7月10日号〉

 都立病院と公社病院の14病院が7月1日、地方独立行政法人化されたことを受けて、日本共産党都議団の和泉なおみ幹事長は同日、抗議声明を発表。「都民の命の砦としてかけがえのない役割を果たしている」都立・公社病院の「独法化を強行したことは断じて許されない」としています。

 声明は独法化中止を求める署名が合計40万人分を超え、「都民や病院職員の理解と納得は得られていない」と指摘。都立・公社病院は最大時で2210床のコロナ病床を確保し、入院先の確保が難しい患者を積極的に受け入れてきたと強調。

 独立行政法人について、「経営効率が優先される制度であり、都が独法化する目的は財政支出の削減」だとし、感染症や救急、小児など「不採算だけれども都民にとって必要な医療の後退につながるもの」だとのべています。

 そのうえで声明は、「これまで都立・公社病院が担ってきた医療を後退させず、充実させるとともに、独法化された病院を直営に戻すために全力をあげていきます」と表明しています。

 声明はまた、「独立行政法人の『中期計画』の認可のためには本来、都議会の議決が必要であるにもかかわらず、議会を開かず、知事の『専決処分』を行った」ことについても「認められない」としています。

〈東京民報2022年7月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る