衆院議員リレーレポート・笠井亮「世界と響くこの党あり」〈2022年7月10日号〉

早朝5時半からの駅前宣伝に参加=4日、調布駅前

 日本の歴史を左右する参院選の最終盤、全国、全都が熱い大激戦をくりひろげる最中です。

 核兵器禁止条約の第1回締約国会議(6月21~23日、ウィーン)に参加した経験からも、比例5人、山添拓必勝で世界と真逆の日本の政治を変えよう、大軍拡よりも暮らし、平和の希望の流れをつくろうと訴え抜いています。

 世界は今、コロナ禍や気候危機にみる新自由主義と資本主義のひずみ、ロシアによるウクライナ侵略と食料の危機、物価高騰にどう対応するか、真剣な模索のさなか。電気代の消費税半減のスペインを始め91カ国が消費税・付加価値税の減税にふみきりました。あちこちで最低賃金や年金を引き上げ、EU(欧州連合)は2030年までの再エネ普及目標を65%から68%にアップしました。いずれも真逆の自公と応援団。「やさしく強い経済」、気候危機打開の具体案を示す日本共産党は真正面対決です。

 締約国会議では、唯一の戦争被爆国の日本政府不在に「信じられない、これはスクープ」「核保有国との橋渡し役も失格」と厳しい批判が飛びかいました。対照的に、NATO加盟国がオブザーバー参加し、「軍事費2%より医療や食料・気候対策こそ」と同じ思いの欧州国会議員とのエール交換も。会議は、プーチン大統領が繰り返す核兵器使用の脅迫に、「核抑止力」論は無力、核兵器は全面禁止しかないと力強く宣言しました。今こそ反戦平和を貫く100年の日本共産党、世界と響きあう党の役割発揮の時。最後まで力をつくします。(日本共産党衆院議員)

〈東京民報2022年7月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る