狛江市役所 館長交代で最低評価に 公民館元職員 高裁でパワハラ認定を〈2022年7月10日号〉

支援する会の署名を高裁に提出した岩崎さん(中央)と支援者=6月29日、千代田区

 「公民館の岩崎さん」として地域住民に親しまれていた岩崎安男さんは1977年の採用以来、40年にわたり狛江市で社会教育主事(専門職)として公民館に勤務してきました。子どもから高齢者まで一緒につくる公民館のために尽力。定年後も再任用制度(ことば)で勤務していましたが、館長の交代以降、パワハラを受けた上、人事評価を最低にされ雇止めになりました。岩崎さんは2018年、市に損害賠償を求めて東京地裁に提訴しましたが敗訴。現在は東京高裁での控訴審判決を目前に控えています。

 岩崎さんは保育を導入した女性セミナーや市民ゼミナールなどの企画を実施。携わった自主グループは40以上で、狛江市の社会教育を下支えしてきました。

 厚生労働省の公民館パンフレットは、その役割を社会教育の拠点として「『つどう』『まなぶ』『むすぶ』ことを促し、人づくり・地域づくりに貢献しています」と記しています。岩崎さんは、この理想を目指して先頭に立ってきました。

 2014年3月の定年退職後、再任用契約に移行。毎年1月末日に契約を更新してきましたが、突然2018年に市は「人事評価D(最低)」を理由に更新を拒否し、雇止めとなったのです。

 同年3月に行われた狛江市中央公民館・図書館40周年記念講演会では、館長は岩崎さんを前日に排除。「どうして、岩崎さんがいないの」との声が行き交ったといいます。公民館活動から生まれた地域ミュージシャンが、「岩崎さんとともに喜び合いたい」という思いを語っていました。

個室で怒鳴り続け

 それまで岩崎さんの人事評価は主に「B」でした。「仕事は支障なく行っている。住民から信頼が寄せられている」(14年度)、「人が嫌がる仕事、急な仕事も進んでこなす」(15年度)、「専門的な知識を活用し、誠実に取り組んでいる」(16年度)-と高評価でした。

 しかし、17年度に館長が変わったとたん評価が「長年にわたる公民館のみの勤務経験に基づく旧態依然きゅうたいいぜんの印象」と記され「D」に変わりました。これは前任者の申し送りに基づく評価を行うという市の規則を無視し、恣意的に評価を下げられたと言わざるを得ないものです。さらに▽公民館のカギの紛失▽作業着の着用-などが記載されていました。しかし、カギの紛失は始末書と口頭注意により前任者の下で処分が終わっていたもの。作業着の着用はトイレの故障など頻発する営繕業務の対応のためで、注意後は業務服を着用しています。「市民の信頼を失墜させる行為ではない」と関係者は訴えます。

 さらに雇止めを目前に控えた18年3月には岩崎さんが書類を紛失したミスに対し、館長は個室で怒鳴り続けるなどの叱責を繰り返しました。「お前の顔つきからして責任を感じているのか」や、「やる気あるのか」などの人権を侵害する言葉も発せられたと言います。

 岩崎さんは「バーンと机を叩き、隣の部屋の人がいたたまれなくなったほどの剣幕だった」と訴えます。「徹夜で探せ」と言われ、休日返上で対応に当たったと振り返ります。

 「裁判で館長は『にらみ合っていた』と言いましたが、一方的に怒鳴られて言い返せずにいました」と岩崎さんは語ります。暴力の被害時に硬直してしまうことは専門家により明らかにされています。

公正審理をと署名

 一審で東京地裁立川支部は21年12月、岩崎さんの請求を棄却。パワハラについては「感情的なやり取り」などとして退けました。

 厚生労働省のパワハラの定義は①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること ②業務の適正な範囲を超えて行われること ③身体的もしくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること―とされており、支援者は裁判所の判断には疑問があるとしています。

 岩崎さんは「他の職員については、上司の顔色を見るのではなく市民の顔が見られるよう、まともな人事評価をして欲しい。自分だけの問題じゃない」と訴えます。支援する会は東京高裁に向けて公平な審理を求めて4700人超の署名を集めて提出しています。

 判決は7月27日、午後1時15分から809号法廷。署名と傍聴などの支援も呼びかけています。

(ことば)再任用とは 年金支給開始年齢の65歳への引き上げに伴い公務員の雇用と年金の接続を図るため支給開始年齢まで再度雇用する制度。再任拒否は基準が明確でやむを得ない場合に限る。

〈東京民報2022年7月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る