首都直下地震 「自分のシナリオ」考えて  被害想定10年ぶり見直し〈2022年7月10日号〉

 東京都の首都直下地震などの被害想定が5月に10年ぶりに見直され、都市の変化に伴う新たな被害や課題が指摘されました。想定をもとに都民がどう対策を進めるかを考える学習会が開かれ(6月8日)、改定作業の中心をになった東京都防災会議地震部会で部会長を務めた平田直東大名誉教授が講演しました。被害想定の特徴や、見えてきた課題を講演から紹介します。

首都直下地震の被害想定について説明する平田氏=6月8日、豊島区

地震部会 平田部会長が講演

 東京災害対策連絡会、革新都政をつくる会、東京地方労働組合評議会が主催しました。

 平田氏は、被害想定を10年ぶりに見直した意義を、「地震の起き方には、この10年で大きな変化はないが、都市の変化により、被害の起き方に変化が生まれた。それを、想定に盛り込んだ」と紹介しました。

 被害想定は従来、地域防災計画の避難所数などに反映するため、数を特定できる「定量評価」が中心でした。これに対し平田氏は、今回の被害想定の特徴として、定量的に評価することが難しい複合災害などの「定性評価」も含めて、幅広く評価したと話しました。

死者数など減少

 もう一つの特徴として、「甚大な被害量を算出するのみでは、都民に絶望感を与えるのみになってしまう恐れがある」と述べ、この10年間で進んだ対策の効果も、わかりやすく伝えるようにしたと強調しました。

 被害想定で最大の被害をもたらすと予測したのは、冬の夕方に、都心南部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生したケース。死者は6148人、負傷者9万3435人としています。

 甚大な被害ではあるものの、この10年間の不燃化・耐震化などの取り組みの成果で、従来の想定での、最大の死者数9641人、負傷者14万7611人に比べて大きく減っています。

定性的な被害も

 また、複合災害などの「定性的」な被害を見るものとして、今回新たに「災害シナリオ」を被害想定に盛り込みました。

 災害シナリオは、「インフラの復旧」「応急対策活動の展開」「避難生活」など、さまざまな分野について、災害時に考えられるシナリオを描き出したものです。復旧はどのように進むのかや、時間がたつにつれて発生する新たな災害などを、「発災直後~1日後」「3日後~」「1週間後~」「1か月後~」の時期に分けて示しています。

 平田氏は、「ライフラインの停止や、生活必需品の品切れなどの問題は、従来から指摘されていても、定量的には被害量が出せないため、被害想定には出てこない部分だった。それらを、関係事業者にどんな想定をしているか聞き取るなどして、シナリオとして書き込んだ」と語りました。

 参加者からの「書かれたシナリオは確実に起きるのか、どう受けとめれば良いのか」という質問に、平田氏は「インフラ復旧の早さも、住んでいるマンションが古いか、新しいかなどで、まったく異なる。被害想定の資料やデータで示した例をもとに、都民それぞれが自分自身に起こるシナリオを考えてみてほしい」と答えました。

 平田氏は、新たな被害想定のまとめとして、▽地震災害対策はこの10年で着実に進んだ▽しかし、取り残された問題、新たな課題が生まれた▽行政、企業、個人が具体的に何をすべきかを考える基礎が提供された-の3点を強調しました。

〈東京民報2022年7月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る