あきる野市議選 共産党3氏当選を 市長の議会解散受け〈2022年7月17日号〉

 市長による議会解散を受けたあきる野市議選が17日告示、24日投票で行われます。

 日本共産党(現有3)は、いずれも現職の、たばたあずみ(47)、松本ゆき子(70)、関口えり子(56)の3氏が立候補を予定し、全員当選へ全力をあげます。

 村木英幸市長(65)が、条例に定められた手続きを経ずに特別養護老人ホームの設置を進めようとしたとして地方自治法に基づき市議会から不信任決議を受け、6月に議会を解散しました。不信任決議は、出席した市議21人のうち、共産党を含む20人が賛成して可決されました。

 地方自治法の規定によると、解散後に初めて招集された議会で、議員の過半数の賛成で不信任決議案が再可決されれば市長は失職し、市長選が行われることになります。

〈東京民報2022年7月17日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る