羽田新ルート中止を 川崎の団体 理解広げるカラー冊子〈2022年7月17日号〉

 石油コンビナート上の低空飛行に反対し、羽田新ルートの中止を求めている川崎の市民団体がオールカラーの冊子(写真)を発行し、「問題点がわかりやすい」と評判になっています。

 市民団体は「羽田増便による低空飛行ルートに反対する川崎区民の会」。会代表の橘孝さんは冊子について「運動を広げ、理解してもらうためには手ごろな冊子が必要とみんなで考えた」と話します。

 もともと川崎石油コンビナート上空の飛行は、原則飛ばさないとする制限があり、半世紀にわたり守られてきた経緯があります。墜落や落下物による不安も強く、1970年、市長と東京航空局長の間で、原則として飛行しないことを文書で約束していました。

 ところが羽田新ルート導入のため東京航空局は2019年12月、飛行制限を廃止すると通知し、川崎市も「安全運航に必要な措置に国が責任を持つとしている」などとして飛行制限廃止を容認しました。冊子は市や国の言い分も紹介するとともに、離陸直後にコンビナート上空を飛行するルートは世界に類例がないことや、落下物による大火災の危険性など具体的に指摘しています。

 羽田空港と川崎市川崎区は多摩川を隔てただけの近距離。空港を飛び立ち、低空で上昇してくる離陸機の騒音の影響も甚大です。冊子では、「新飛行ルートを中止してください」との子どもの「市長への手紙」や「学校の授業中、先生の話が中断します」「子どもたちの性格が荒っぽくなった」などの街の声を紹介。「子どもたちの声を行政に届けましょう」と呼びかけています。

 ほかに、飛行機からの落下物件数や事故例、羽田空港では、鳥と飛行機の衝突件数が年間100件前後と多いこと、飛行機の低周波音や騒音の健康影響など、問題点の理解には格好の冊子です。

(ライター・松橋隆司)

〈東京民報2022年7月17日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る