【 #Web東京民報 連載】東京わがまち 22 われは海の子

(伊豆大島 波浮港)

 「よし、今度は港を横断するぞ」。威勢のいい掛け声とともに、岸壁から勢いをつけてダイブ、日焼けした体が一瞬、空を飛んだ。後を追って何人かが飛び込み、先に飛び込んでいた子たちと、遠く対岸に向かって泳いで行き、やがて点のように小さくなって見えなくなった。さすが海の子、すごい。波浮の港は今、夏真っ盛り。

 波浮は、「伊豆の踊子」の舞台となったところ。湾は湖のように静かで美しい。岸壁のスピーカーから「波浮の港」の曲が流れてきた。

 来年3月まで、伊豆大島で宿泊すると、都の復興支援で1泊3000円、2泊6000円の補助がある。活用を。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年8月2日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1. 「子育て支援拡充を目指す会」との懇談で=18日  2023年の通常国会が始まりました。 …
  2.  「おうさまは たいほうを ひとつ もっていました。それは せんぞだいだいより つたわる りっぱな…
  3.  ウクライナ戦争が始まって7カ月を過ぎたが戦火は止みません。この間、対ロシアへの経済制裁に同調した…
  4.  府中市晴見町の一角、東京農工大学の正門の目の前で、住宅や教育施設が多く集まる地域に、統一協会の創…
  5. (板橋区 徳丸北野神社)  田遊びは国指定重要無形民俗文化財。毎年2月11日6時から行われる…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る