【 #Web東京民報 連載】東京わがまち 22 われは海の子

(伊豆大島 波浮港)

 「よし、今度は港を横断するぞ」。威勢のいい掛け声とともに、岸壁から勢いをつけてダイブ、日焼けした体が一瞬、空を飛んだ。後を追って何人かが飛び込み、先に飛び込んでいた子たちと、遠く対岸に向かって泳いで行き、やがて点のように小さくなって見えなくなった。さすが海の子、すごい。波浮の港は今、夏真っ盛り。

 波浮は、「伊豆の踊子」の舞台となったところ。湾は湖のように静かで美しい。岸壁のスピーカーから「波浮の港」の曲が流れてきた。

 来年3月まで、伊豆大島で宿泊すると、都の復興支援で1泊3000円、2泊6000円の補助がある。活用を。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年8月2日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る