【 #Web東京民報 連載】⑮ 里見美子のモデル、平塚明(らいてう)

 金之助(漱石)の教え子であった森田草平は平塚明と塩原で心中未遂を起した。金之助には明と直接に面会した形跡はないが、事後処理のため平塚家との間に立って奔走した。

 平塚明は和歌山藩士の家の出で、父定二郎は会計検査院長を勤めたほどの人物であった。東京女子師範を経て日本女子大学を出たが、厳格な家柄や良妻賢母教育への反動から文学の道に活路を見いだそうとした。一方の草平は岐阜の裕福な庄屋に産まれたものの、ハンセン病の疑いのある父と学歴の低い母という出自が響いたのか、人の言動に敏感に左右される質であった。四高の学生時に従姉妹と同棲して退学処分となったのも、一人ではいられない精神の弱さから来たものと思われる。明とは成美女子英学校に出来た「閨秀文学会」で知り合い(明治41年〈1908年〉1月)、その年の3月21日に明と草平は田端から大宮を経て塩原に向かった。しかし、奥塩原の尾花峠で死に切れない二人は宇都宮署の警官によって保護され、閨秀文学界の生田長江と明の母に引き渡された。草平は金之助が引き取った。心理学では、幼少期の愛情が不十分だと、女子は男性に対しては依存気味で、男子は女性に対しては無理な要求をするようになると指摘されているが、両者が一気に接近した背景には、そうした家庭環境から生じたコンプレックスが多少なりとも影響したのかもしれない。

日本女子大(文京区目白台) 父定二郎は欧米を視察したほどの人物であったが、突如国家・国粋主義的な考え方に転じ、その影響で明は高等師範学校附属の高等女学校に進まされた。父への反発から進学したのが日本女子大学校であった。明治41年に森田草平と心中未遂を塩原で起こしたことで、卒業生の名簿から明の名が消され、平成4年(1992年)になって復活した。また、平成17年に明卒業100年を記念して「平塚らいてう賞」が設けられた。

 金之助は平塚家に対して長江を通じて詫びを入れ、その上で二人を結婚させると伝えたが、この申し入れは明の両親は勿論、明本人にも承服できぬ内容であった。更に、この度の経緯を草平に小説に書かせることに対して承諾を求めたものの、こちらも勿論平行線であった。

 後に明が『青踏』を発刊して女性解放運動にまい進するのも、女性の気持ちをないがしろにした金之助の善後策と、自分の本心とは全く異なる解釈で心中の顛末(てんまつ)を一方的に新聞掲載した草平への強い反感が横たわっている。

 そんな明を金之助は「ああいふのをみづから識らざる偽善者(アンコンシャス・ヒポクリット)といふのだ」と定義付けて、草平に「どうだ、君が書かなければ、僕がさういふ女を書いてみせやうか」と言って『三四郎』の女主人公「美子」を描いたという(森田草平『「三四郎」の女主人公』より)。その後草平は自叙伝の後編を朝日新聞に掲載、これが引き金となって金之助の入社に尽力した池辺三山の辞任にまで発展し、金之助が責任編集となっていた文芸欄も取り止めになった。草平は弟子の中で最も金之助に迷惑をかけた存在だと自覚するのは、こうした経緯による。

(いけうち・としお 日本文化・文学研究家)

〈東京民報 2020年8月30日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る