あきる野市長選 数野はじめ氏が出馬表明「冷たい市政に戻させない」〈2022年8月28日号〉

数野はじめ氏

 あきる野市議会で2度の市長不信任決議が可決され、失職したことによる市長選(28日告示・9月4日投票)に、日本共産党西多摩・青梅地区委員長の数野はじめ氏(74)が立候補します。数野氏は19日の記者会見で「憲法と地方自治法を生かし、市民の切実な願いにこたえる市政を実現する」と表明しました。

 数野氏は村木英幸市長(65)が条例無視の言動により、市民の期待を裏切ったことは不信任に値するものと指摘。「開発優先で市民に冷たい自民党政治に戻してはならない」と表明。コロナ対策で市独自の検査体制の充実、コミュニティバス増便など公共交通の充実、補聴器購入補助制度、学校給食費の無償化の実現を公約しています。

 市長選には数野氏の他、村木氏と前自民市議の中嶋博幸氏(55)=無新、自民推薦=が立候補を表明しています。

数野氏の略歴 1947年、青梅市生まれ。青梅第三中を卒業後、東芝府中工場入社。19年から西多摩青梅地区委員長

〈東京民報2022年8月28日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る