道路で開発は時代遅れ 国立市 自然と生活守る市民集会〈2022年10月23日号より〉

 国立市の西部を南北に貫く全長約2300メートル、幅員25メートル以上の都市計画道路「国立3・3・15号線(中新田立川線)」の建設見直しを求める市民らが15日、市内で「第1回くにたちの自然と生活環境を守る市民集会」を開きました。主催は2020年3月に市内在住の主婦3人が立ち上げた、「くらしと道路問題を考える国立市民の会」です。

3・3・15号線道路建設計画の現状を説明する会のメンバー=15日、国立市

 国立3・3・15号線は、1961年に都市計画決定された幹線道路。北は隣接する立川市の都市計画道路3・3・30号線(同市羽衣町など)に接続し、南はすでに整備された、甲州街道以南に延びるいずみ大通り(谷保)につながります。

 東京都は2016年に公表した都市計画道路の整備方針(第4次事業化計画)で、おおむね10年間で優先的に整備すべき道路に、国立3・3・15号線と、同市を東西に分断する国立3・4・5号線(さくら通り)を選定。市はこれを受け、2018年に「国立市都市計画マスタープラン(第2次改訂版)」を作成し、道路建設を進めています。

 計画道路の沿線には保育園や幼稚園、小学校があり、東京女子体育大学のグラウンドを通過。立川段丘の崖下から湧き出る豊富な水を源流とする約1.5キロ、幅約2メートルの矢川の上を2本の幹線道路が通り、近くには多彩な動植物が生息する矢川緑地が広がることから、水脈や自然環境への影響も懸念されています。

 国立3・3・15号線だけで50軒以上の立ち退きが迫られており、さらなる増加が予想されます。しかし、立ち退きの補償額は不動産価格などの7割強で、残地部分の買い取りはなし。残地を更地にすると、立ち退き後も固定資産税の支払いが生じます。

市民無視の計画は凍結を

 集会は、市内に住むミュージシャンの佐々木彩子さんによるピアノ弾き語りで開始。主催者あいさつで実行委員長の吉田治夫さんは、「道路建設に伴うさまざまな問題点を、〝自然と生活環境を守る〟という視点から学び合いたい。国立の未来を考える新たなスタートにしましょう」と述べました。

 同会代表世話人の女性が、「国立で何が起きようとしているのか」について解説。東京都に対する最新の開示請求資料(7月時点)によると、東京女子体育大学の下に道路トンネルを整備するための予備設計、国立3・4・5号線を西に延伸する予備修正設計を行っていたことが明らかになりました。

 女性は「大学側は予備設計について知らなかった。市と面談交渉を継続しているが、市も計画を見ていない」と報告。「市民に知らせないまま進める道路建設はありえない。凍結すべきだ」と訴えました。

 高尾山の自然を守る市民の会事務局長で、高尾山天狗裁判の原告として、2000年から高尾山の自然を守るために3つの裁判を起こした橋本良仁さんが、「守られなかった奇跡の山―高尾山から公共事業を問う」をテーマに講演。自らの道路建設反対運動を紹介し激励しました。

 市民からの発言で、「くにたち水の探検隊」の会員は「国立の自然を子どもたちに残したい」と強調。矢川台自治会の女性さんは「道路をつくる街づくりは時代遅れ。高齢者や子ども、障害者が安心して暮らせる街づくりこそ国立にふさわしい」と力を込めました。

東京民報2022年10月23日号

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る