街角の小さな旅27 世界の海と物語に思いをはせる マリンサイエンスミュージアムと運河の風景(2022年11月6日号) 

保存展示されている雲鷹丸

 東京海洋大学マリンサイエンスミュージアムは、品川駅港南口から高浜運河を越えた先、東京海洋大学品川キャンパスの構内にあります。

 キャンパスで初めに迎えてくれるのが「鯨ギャラリー」。クジラ類は陸上の哺乳類を祖先にもつ海に住む哺乳類。ギャラリーには体長17・1㍍もある世界最大級のセミクジラの全身骨格標本が展示されていてその大きさに圧倒されます。もう一つの全身骨格標本は宮城県女川沖で捕獲された体長12・79㍍のコククジラ。

 「マリンサイエンスミュージアム」は120年前の1902年に農商務省水産講習所に設置された標本室に起源をもつ施設で、同大学の歴代の練習船の模型や練習船が採取した海鳥やウミガメ類、魚類などの海の生き物の標本や剥製、漁業で実際に使われていた漁具などが展示されています。

マリンサイエンスミュージアムの入り口

 展示ホールに入ると初めに東京海洋大学の2代目の練習船、雲鷹丸うんようまるの大型模型が展示されています。雲鷹丸は1909年に漁業練習と漁業調査を目的に建造された米国式遠洋捕鯨船バーク型の3本マストの帆船。捕鯨実習や漁業調査、学生実習、カムチャッカの漁場の開拓とカニ工船事業の開発で活躍。船上でのカニ缶詰製造を初めて行い大型蟹工船の先駆けとなった船です。

 また、ペンギン、ウミイグアナ、ガラパゴスアシカなどの剥製は、南極調査にあたった南極観測船「宗谷」に随伴した海鷹丸Ⅱ世が、南極海とガラパゴス群島の調査で採取したものです。

 このミュージアムは一定のストーリーに沿って誘導される展示と違い、間近に見るペンギンの剥製や巨大なタカアシガニ、国内では見かけることのない大きなエビの標本など、それぞれがそれぞれの物語を語りかけてくれ、ワクワクする時空間を体験することができました。

 ミュージアムの前にはノルウェー式捕鯨砲、キャンパスの裏門近くには、国の登録有形文化財に指定されている雲鷹丸が保存展示されており、世界の海をはせた姿を思い浮かばせてくれます。

運河を歩く

 キャンパスの裏門から高浜運河に出て、運河沿いの遊歩道から橋を渡って天王洲。天王洲は江戸末期に黒船来襲を受けて砲台(お台場)の建設が行われたところで、その後、近代化の過程で京浜工業地帯の一角として倉庫が立ち並んだ場所です。戦後、物流のシステムの変遷をうけ倉庫業が衰退。その生き残り策として倉庫を活用した文化の発信とウオーターフロントのにぎわい化が取り組まれ今日に至っています。

関連記事

最近の記事

  1.  「色々、改善されている。都議会でも活発に動いて、良い提案もいただいている」▼5月24日の記者会見…
  2. 衆院東京15区補選の共同街宣で=4月16日、江東区  「蓮舫さんを全力で応援します」、5月2…
  3.  都知事選(6月20日告示、7月7日投票)への立候補を表明した蓮舫参院議員は、出馬会見で「小池知事…
  4. 代表質問で小池都政の転換を訴える米倉都議=4日、都議会  都知事選(6月20日告示・7月7日…
  5.  国が2013年から15年にかけて一律2.5%の年金減額を定めたのは憲法25条(生存権)、29条(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る