〈一分 11月27日号〉「料金を滞納して電気やガスが止まった家庭でも、水道はギリギリまで止めない」―以前、複数の都の職員に…

 「料金を滞納して電気やガスが止まった家庭でも、水道はギリギリまで止めない」―以前、複数の都の職員に聞いた言葉です▼理由は「水の停止は命に関わるから」。そして、それが「行政が水道事業をやる意味だ」とも。そんな“常識”から、都政はいかにかけ離れてしまったのか、11月20日号で報じた公営企業決算特別委員会の質疑で驚きました▼日本共産党の和泉なおみ都議が取り上げたのは、料金滞納などによる給水の停止が、今年度は前年度より倍増している問題。理由の一つと指摘したのが、滞納家庭を訪問して催告し、生活困窮が伺えるなら福祉行政につなげる取り組みを、「業務効率化」の名で廃止したことです▼同じ号では、杉並区で岸本聡子新区長のもと、区民参加で新たな区政が始まっている姿も紹介しました。その岸本氏が国際NGOに勤めていた際、専門としたのが水道事業です▼岸本氏の著書「水道、再び公営化」では、世界各国で、効率化を目指したはずの水道事業民営化が失敗し、安全で安価な水を取り戻そうと、市民運動によって再公営化が進んだことを紹介しています。新自由主義の流れに抗して、住民と地域の暮らしを守る自治体を市民運動でどうつくりあげるか、東京にとっても重要な課題です。

〈東京民報2022年11月27日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る