【国会議員コラム】吉良よし子*キラキラ★国会のおと♪「#ESATJ は中止を」

質問内容を紹介するミニ動画より

 11月27日、東京都は都内の公立中学校3年生、8万人を対象に「英語スピーキングテスト(ESAT‐J)」を実施。その結果をそのまま高校入試に活用すると言っています。

 けれど、このテスト、入試として活用するにはあまりにも問題がありすぎます。

 まず、今回のテストを作るのは教育大手のベネッセコーポレーションですが、ベネッセのGTECという英語4技能テストと今回のテストはそっくりで、利益相反の疑いがあります。しかも、顔写真を含む個人情報を入力する「事前登録」について、保護者同意が確認できていないとか、「入試だから」と強制された事例もあるとききました。

 さらに、プレテストのとき“自分は話せなかったのに点数が入った”と、隣の人の声が録音された事例があったとか。そして、実施1週間前となった時点でも、当日の試験監督を募集しているという⋮。もはや、試験そのものの実施が不可能なのでは?

 3年前、大学入試共通テストに「スピーキング」を導入しようとしたときにも「実施上の課題が生じるため、実現は困難」とされて実現しなかった経過があります。

 これを踏まえれば、いま、この状況で、テストの実施も、高校入試への活用も中止すべき。11月15日、文科相に迫りましたが、それでも大臣は「東京都が適切に実施するはず」と繰り返すだけでした。あまりに無責任。「僕たちの入試に公平かわからないものを導入しないで」という中学生の声にちゃんと向き合うべきです。(参院議員・東京選挙区選出)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る