〈一分 1月22日号〉新型コロナ感染者が日本国内で初めて確認された2020年1月15日から、ちょうど3年を迎えました…

 新型コロナ感染者が日本国内で初めて確認された2020年1月15日から、ちょうど3年を迎えました▼1日あたりの死者数は初めて500人を超えるなど、第8波の感染拡大の波は衰えを知りません。免疫を回避する能力の高い、新たな変異株の流行も心配されており、コロナ禍の収束への道はまだ見えない状況です▼コロナ感染拡大への最初の緊急事態宣言は、20年4月7日に出されました。卒業・入学シーズンに混乱の中で始まった学校の一斉休校、三密回避とステイホーム、補償なき「自粛」要請、マスク不足とアベノマスク、科学を無視した政策決定と医療崩壊…。この3年間で明らかになったのは、暮らしを支え、命を守る政治が、日本において、あまりに貧弱なことでした▼国際NGOオックスファムは16日、コロナ禍の3年間で生み出された世界の富の三分の二が、上位1%の富裕層に集中していると明らかにしました。1日1.5ドル以下で暮らす極度の貧困層も増加しており、超富裕層と極貧困層が並行して増える傾向は過去25年で初だといいます▼オックスファムは、世界の富裕層への課税強化などを訴えています。パンデミックが浮かび上がらせた資本主義と政治の大きな闇は、社会を見直す機会でもあるはずです。

〈東京民報2023年1月22日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る