巨大絵画に平和への思い 王希奇(オウ・キキ)「一九四六」展 加藤登紀子さん「人は国を越え手つなげる」

 旧満州(中国東北部)からの引き揚げ者を描いた中国人画家・王希奇さんの大作「一九四六」東京展が北区内で1月15日まで4日間開かれ、2400人が参観しました。岸田政権による大軍拡が声高に語られるなか、反戦平和への願いを込めた大作が共感を集めました。

 この絵は、旧満州南端の渤海湾に面した葫蘆(ころ)島港で引き揚げ船へ向かう群衆を描いた作品。横20㍍、縦3㍍の巨大絵画です。

「一九四六」を前に、引き揚げ者の一人として反戦平和への思いを語る加藤さん=北区

 葫蘆島からの引き揚げ者は1946年から47年にかけて105万人にのぼります。王さんは、引き揚げ者のなかに、男装の少女が遺骨を抱いている写真に「心をひかれた」のがきっかけで、2012年から制作に取り組んでいます。完成したのは2017年。5年の歳月をかけた大作です。

 王さんは、1960年生まれで、魯迅美術学院教授。代表作の「三国志・赤壁の戦い」など、歴史をテーマにした作品が得意という画家です。

 王さんにも会ったことがある東京展実行委員会の石子順委員長は「戦後生まれの王さんが、あのすさまじい戦争の中で生きていた人々に思いをはせた努力に感動した」とあいさつしました。

 「一九四六」展の賛同者に、引き揚げ者の山田洋次(映画監督)、加藤登紀子(歌手)、ちばてつや(漫画家)の各氏が名を連ねています。

 山田洋次さんは「満州で少年時代を過ごしていた僕は、日本人が中国人に対して支配者のように振舞っていたことをよく知っています。だから中国人である王希奇さんという画家が、縦3㍍横20㍍の大作を描いて、あの悲惨な引き揚げ者の姿を描き残すという大きな仕事をされたことに感動します」とのメッセージを寄せました。

 歌手の加藤さんは、中国・ハルピンで生まれ、1歳8カ月で終戦。1年間は日本に帰れず、難民生活を体験。1946年10月に、母子4人で葫蘆島から長崎県佐世保に引き揚げています。

 加藤さんは、東京展のオープニングでのあいさつや、記者の囲み取材で、反戦平和への熱い思いを縦横に語りました。

関連記事

最近の記事

  1.  羽田空港での1月2日のJAL機と海上保安機の衝突炎上事故に始まり、5月24日には同空港でJAL機…
  2.  アジアを中心に約40カ国、320本の優れたドキュメンタリー映画を配信する「アジアンドキュ…
  3.  2024年度の介護報酬改定で、訪問介護サービスの基本報酬が2~3%引き下げられた問題をめぐり、日…
  4.  「災害拠点病院である厚生荘病院(多摩市)に湖山医療福祉グループが参入し、一方的に閉院し希望退職に…
  5. 蓮舫氏に花束をわたす大山都議=5月29日、都議会共産党控室  都知事選(6月20日告示、7月…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る