博士が愛した「我が植物園」 牧野富太郎 練馬区に記念庭園 書斎の新たな再現も

 NHKの連続テレビ小説「らんまん」のモデル、日本の植物分類学の父である牧野富太郎は、亡くなるまで約30年間を現在の練馬区で過ごしました。自宅のあった場所で、ゆかりの植物や、生前の書斎の一部などを公開する記念庭園と記念館は、博士の植物への思いに触れようという多くの来場者でにぎわっています。

足の踏み場もないほど本や資料が積み上がった書斎と書庫

 牧野博士は、東京帝国大学で講師を務めていたため、渋谷区など都心に長く暮らしていました。しかし、関東大震災(1923年)で、自宅にあった膨大な本や植物の標本が危険にさらされたこともあり、知人の紹介で大正15年(1926年)に移り住んだのが、武蔵野の雑木林が多く残っていた、現在の練馬区大泉の土地でした。

 生涯に1500種以上の植物を発見、命名して日本の植物分類学の基礎をつくった牧野博士。亡くなるまでこの地で、採取した植物の標本づくりや、著書の執筆などを続けました。また、自宅の庭には、自身が発見した樹木や草花などを取り寄せて植え、「我が植物園」と呼んで大切に育てたといいます。記念庭園には、当時の植物も残っており、博士自身が植えた植物には、樹名板にそれを示すマークが書かれています。

 昭和32年(1957年)に、博士は94歳で亡くなり、翌年の1958年に練馬区が記念庭園と記念館を開設しました。

病死した妻への感謝を笹の名に

 記念庭園では、10種類に及ぶ桜など、博士ゆかりの植物を季節ごとに楽しむことができます。

 これから咲くアジサイのうち、「ヒメアジサイ」は、博士が発見して命名したもので、自宅に植えていたものの、記念庭園では途絶えていました。博士の次女が高知県に贈ったものが、今も枝分けして咲き続けていることがわかり、昨年の牧野博士生誕160年を記念して、練馬区に「里帰り」したものです。

博士の胸像とスエコザサ

 庭園内の博士の胸像や歌碑の周りには「スエコザサ」という笹が植えられています。「貧乏との戦い」でもあった牧野博士の研究を支えた妻・壽衛(すえ)が、1928年に54歳の若さで病死した時、妻への深い感謝を込めて、前年に仙台で発見した新種を命名したのが、この笹です。

 記念館学芸員の田中純子さんは、「先生と壽衛さんがずっと共にあってほしいと、当園では先生の胸像や歌碑のまわりに植えています。立派に繁殖しているのは、二人の愛情のおかげかもしれませんね」と話します。

関連記事

最近の記事

  1.  羽田空港での1月2日のJAL機と海上保安機の衝突炎上事故に始まり、5月24日には同空港でJAL機…
  2.  アジアを中心に約40カ国、320本の優れたドキュメンタリー映画を配信する「アジアンドキュ…
  3.  2024年度の介護報酬改定で、訪問介護サービスの基本報酬が2~3%引き下げられた問題をめぐり、日…
  4.  「災害拠点病院である厚生荘病院(多摩市)に湖山医療福祉グループが参入し、一方的に閉院し希望退職に…
  5. 蓮舫氏に花束をわたす大山都議=5月29日、都議会共産党控室  都知事選(6月20日告示、7月…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る