統一協会 解散命令を一刻も早く 日本共産党 多摩市施設建設で聞き取り〈2023年7月30日号〉

 多摩市に統一協会(世界平和統一家庭連合)が研修施設建築を計画している問題で、日本共産党国会議員団と多摩市議らが21日、文化庁からの聞き取りを行いました。参加者からは、同協会に対する解散請求を求める声が相次ぎました。

文化庁の担当者から聞き取りを行う参加者(右側)=21日、千代田区

 統一協会が購入した多摩市永山の約6300平方メートルの土地に現存する建物の解体工事が、今月3日から始まりました。市によると400人程度が宿泊できる研修施設を建てる計画で、地域からは不安の声が上がっています。

 解体工事の着手について多摩市の阿部裕行市長は解散命令の決着まで工事を待つよう求めましたが、協会は拒否しました。

 施設に隣接する国士舘大学は20日、研修施設の建設中止と撤退を求める申し入れを行いました(フラッシュに関連記事)。市民の不安は日ごとに増しています。

 冒頭で、質問権行使の現状をただしました。宗教法人法に基づく解散命令請求の要件に該当する疑いがあるという判断から、昨年の11月から、国はこれまで6回質問権を繰り返し行使しています。しかし事実関係やそれに基づく国としての対応や判断は、未だに示されていません。

 文化庁の担当者は、「解散命令要件に該当すると判断するために、活動実態把握と客観的事実に伴う証拠を積み上げることが必要で、着実に対応している」と説明しました。

 必要な処置を講じると強調しましたが、解散命令請求の時期については「予断を持って申し上げられない」と言うに留まりました。25日には7回目の質問権行使を行います。

 多摩市の小林憲一市議は、「(解散命令要件に該当する)疑いは晴れているのか、深まっているのか」と質問。

 担当者は「毎回疑いがあるから権限の行使を繰り返し行っている」と回答しました。

 橋本由美子市議は「一刻も早く解散命令を出してほしい」という市民の声を紹介し、解散命令の判断に、どれくらい時間がかかるのかを質問しました。

 過去、解散請求から裁判所の解散命令が出たのは2例のみで、オウム真理教は半年、明覚寺は2年半の歳月を要しました。解散命令請求が出ても、統一協会側が特別抗告すれば、「長期化が予想される」と回答しました。

 原田あきら都議は、「長期化すれば、その間に統一協会が財産を処分するのではないか」と指摘し、質問権の行使を長引かせることで財産処分の期間を与えるのではないかと質問しました。

 文化庁は、財産散逸の懸念を「認識している」と答えました。

被害を拡大するな

 山添拓参院議員は、「具体的な証拠をつかむための質問権の行使をというが、過去の裁判例は刑事裁判が前提。統一協会は民事裁判で違法性が証明されているのに、それでは足りず、質問権を行使して請求を遅らせるのは不当ではないか」とただしました。

 これに対し、文化庁担当者は「被害者や全国弁連(全国霊感商法対策弁護士連絡会)から情報収集に努めている。延々と時間稼ぎをするつもりはない」と答えました。

 宮本徹衆院議員は、「解散命令が遅れるほど被害者が増える。国士舘大学の申し入れに対して、文化庁としても後押しを」と、求めました。

 府中市のからさわ地平市議は、市内で統一協会系の“分派”が施設を建設していることへの認識をただしました。

 文化庁は、「解散命令後に分派に流れて骨抜きにならないよう対応が必要」という認識を示しました。  

 聞き取りには、吉良よし子参院議員、多摩市の大くま真一市議、池田桂市議、伊地智恭子市議(社民)も参加しました。

東京民報2023年7月30日号より

関連記事

最近の記事

  1. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  2.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  3.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…
  4. 新春のつどいで  議員活動が始まり約9カ月、日々さまざまな相談が寄せられます。  多岐…
  5.  都内に10校ある朝鮮学校を支援する市民や都議らでつくる「都議会勉強会」実行委員会、「東京都こども…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る