自治体職員婦人科検診 全23区実施、市町村はゼロ 日本共産党都議団が調査〈2023年11月12日号〉

記者会見で調査結果について話す共産党都議団=10月26日、新宿区

 公立小中学校教職員の婦人科検診(乳がん・子宮がん検診)を実施している多摩地域の市町村が14自治体(47%)にとどまることが日本共産党都議団の調査で分かりました。自治体職員の婦人科検診は多摩地域ではゼロでした。都内全62区市町村を8月中旬から9月初旬にかけて調査したもので、10月26日の記者会見で明らかにしました。両職員とも全23区が実施する区部と比べて多摩地域の行政サービスの遅れが問題となる新たな「多摩格差」として注目されます。

 厚生労働省の調査によると、女性が最も多くかかるがんは乳がんで、30代前半から急増し40代後半にピークを迎えます。子宮がんは乳がんより罹患者の増える年齢が低く、現役世代では乳がんに次ぐ罹患率です。都保健医療局の調査では、がん検診が職場で行われる場合は対象者の約8割が受診する一方、他に受診機会がない場合に受ける区市町村検診の受診率は3割未満と激減しています。

新たな多摩格差

 共産党都議団の調査では、多摩地域の公立小中学校教職員の婦人科検診については13市が過去に実施していたものを廃止。このうち6市は2019年度以降に廃止していました。

 都立学校の教職員や都職員は、婦人科検診を勤務時間内に受けることができます。共産党都議団には、多摩地域の教職員から「婦人科検診がなくなって(居住自治体で行う検診の)手続きの時間が取れず、機会を逸した」「復活してほしい」などの声が寄せられています。

 会見で尾崎あや子都議は、「健康を保ちながら働ける環境を確保するのは、事業主である自治体の責務だ」と強調。教員の長時間労働が社会問題となる中、「ジェンダー平等にも反する」と訴えました。

 自治体の回答から、都立がん検診センター(府中市)が職域検診から撤退したことや厳しい財政状況などが、多摩地域教職員の婦人科検診廃止の背景にあることも分かりました。共産党都議団では、都としての支援も含めて改善が必要だとしています。

東京民報2023年11月12日号より

関連記事

最近の記事

  1. 就任2年目の街頭宣伝で訴える岸本区長=13日、杉並区  杉並区で自公推薦の現職を破って岸本聡…
  2. 講演する西川直子氏(左)=14日、豊島区  豊島区民の女性4人が立ち上げた任意団体「ミュニシ…
  3.  中野区議会で10日、副議長(公明党)が日本共産党の羽鳥だいすけ区議の一般質問で、地方自治法改定の…
  4.  都心では5月から厳しい暑さが続いています。7月8日には府中で39.2度になるなど、観測史上最高の…
  5.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る