【寄稿・新人議員ネクスト】大島町 さかい周町議 伝統産業支援を提案、成果も〈2024年2月11日号〉

 4月の統一地方選挙で当選し、大島町議会の議員となりました。農業、そして福祉施設の宿直員を兼務しながら議員活動をしています。

農業用のビニールハウスで

 初めての定例議会となる6月の議会では、一般質問で大島の伝統産業であるクサヤの干物の加工場の窮状を訴え、乾燥機の更新と原料となる魚類の買い付けの助成を訴えました。

 特定の業者への助成は公平性を保てないとの答弁でしたが、その後短期間ではありますが、一次産業や大島町が指定する特産品に対する原材料・燃料などへの助成制度が決まり、私の質問だけの影響ではないでしょうが、微力ながら成果を上げることができたのかもしれません。

 クサヤの乾燥機の助成は極めて高額なために、東京都の協力も得るために、共産党の島しょ議員団による都への要請文提出の時も話をさせていただき、都議会でも原田あきら議員にクサヤ産業の窮状を訴えていただきました。

 9月、12月議会の一般質問では、20年前に島に移り住み新規就農する際に、農地探しに苦労した経験から、遊休農地の解消のために行政が積極的に希望者に遊休農地を紹介することを提案しました。また、樹林化した農地に関しては公共事業として農地を整備し、多くの人が農業に挑戦することができるよう、農地をリスト化する農地バンクの創設を訴えました。

 人口の少ない島しょでの議員活動ですので、人口の多い自治体の議員さんたちに比べれば、通信の配布や街頭宣伝の回数なども少なく議員活動としての負担は少ないのですが、自分の農業との兼ね合いで苦労をしています。一人での営農ですので、出荷や苗管理よりも議員活動を優先しなければならないので、議会の期間中は時間との戦いです。

 また、高齢化が進み党の担い手問題が深刻です。人間関係が濃い中で表立って党を支持していただくことが難しいということもあります。その中でも少しでも支持を広げることができるよう、仲間とスタンディングなどでアピールし、様々な声を行政に届け、信頼を得るところから進めていきたいと思います。

東京民報2024年2月11日号より

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る