生きづらさに悩む若者支援を 都議会予特 原のり子都議が質疑〈2024年3月24日号〉

 13日の都議会予算特別委員会の総括質疑には、各会派から9人が立ちました。日本共産党の原のり子都議は、社会問題ともなっている若者の薬物依存症対策や都が新設する高齢者向け補聴器の購入助成制度などについて質問しました。

薬物依存症対策について質問する原のり子都議=13日、都議会

 原都議は「先行きの見えない社会で子ども・若者の生きづらさは、かつてなく深刻になっている」「自己責任論や個人の問題に解消せず、真剣に検討する必要がある」として、市販薬OD(オーバードーズ=市販薬の過剰摂取)をはじめ依存症やアディクション(へき)を抱えている子ども・若者への認識をただしました。小池知事は「誰でも依存症になる可能性があると言われており、適切な支援により回復することができるとされている」と答弁しました。

 原都議は「中1の時に死のうと思って薬を飲んだことが最初で、その後、大学3年から市販薬ODをするようになった」「10代の時の性被害でPTSD(心的外傷後ストレス障害)となり、仕事や日常生活を送るためODをするようになった」などの声を紹介。

 「苦しい気持ちを何とかしたいと思いながらODをしている」とし、実態調査を求めるとともに▽啓発リーフレットを「相談してほしい、回復はできる」というメッセージを強く押し出すものに▽リーフレットを全ての子どもを対象に届ける▽相談先となる「精神保健福祉センター」への電話の無料化やライン相談の実施―など具体的な改善策を提案しました。

 また、精神保健福祉センターが多摩地域に1カ所しかないことについて、「相談は対面実施が基本なのに、センターまで遠すぎる地域が多くある」として、増設・拡充を求めました。

補聴器補助拡充を

 都はこれまで都内の区市町村が補聴器の購入を助成する場合、使い道を補聴器に関するものに限定しない「包括補助」で支援してきました。4月から補聴器購入助成を独立の制度「高齢者聞こえのコミュニケーション支援事業」として新設し、新年度予算に6億円を計上。共産党都議団が2012年から求めてきたものです。

 原都議が単独事業にした目的について質問。佐藤智秀福祉局長は「多くの区市町村で取り組みが進むよう事業化した」と答弁しました。

 原都議は「聞こえの問題と認知症の関連も研究が進んでいる中で、補聴器補助をどこの自治体でも実施できるように後押ししていくことが必要だ」と強調。「23区は来年度から全区で助成する一方、多摩地域では財政的に難しく、多摩格差となっている」と指摘。都のアクションプランでは、26年度には都内の全62区市町村で補聴器支給助成を実施する計画になっているとし、区市町村に費用の2分の1を補助する都の補助率を引き上げるよう提案。合わせて補聴器の開発支援や補聴器を利用者ごとに合うよう調整する認定補聴器技能者の育成支援も求めました。

東京民報2024年3月24日号より

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る