巨大な昆虫が都心に出現 港区立 みなと科学館が総選挙〈2024年4月28日・5月5日合併号〉

 新緑が鮮やかに色づき始め、生命の息吹がみなぎる季節になりました。港区立みなと科学館(虎ノ門3)では、昆虫をテーマにした24年春の企画展「すごいぞ!昆虫総選挙」が開催されています。

 同展は、昆虫の“すごい”特徴や能力に着目。昆虫のすごい「武器」「身体能力」「擬態」の3つにポイントを絞り、身近な昆虫を興味深く紹介しています。

フロアに展示された全長6.3メートル、高さ2.35メートルのオオカマキリ模型=港区

 展示会場で目を引くのが、フロアを大迫力で占拠する全長6.3メートル、高さ2.35メートルの巨大なオオカマキリ模型と、樹液をなめる姿が楽しめる、全長1.3メートルの可動する日本カブトムシ模型。オオカマキリ模型は実物の約60倍、日本カブトムシ模型は約20倍の大きさです。カマキリの前脚に並ぶ鋭いトゲや羽の質感、日本カブトムシの腹部を覆う細い毛など、細部まで忠実に再現されています。

 見て、感じて、体験して、昆虫の知識を深めた後は、昆虫総選挙投票場へ。企画展で紹介した15種類の昆虫から、来館者が最も魅力を感じた「推し昆虫」に投票できる総選挙が行われています。中間発表(4月18日時点)では、森の宝石と称されるモルフォチョウが330票で1位。2位カブトムシ(204票)、3位オオカマキリ(126票)と続きます。

 企画展最終日の5月26日に、選挙の最終結果を発表。1位に輝いた昆虫に関する工作を、午後1時半から(定員36人)同館の実験室で行います。

 都心で昆虫に触れ、多種多様な個性を知り、あなたの「推し」に一票を投じてみては。

昆虫の「すごい」を再発見

 企画展では、生物の仕組みを開発やものづくりに生かす科学技術「バイオミメティクス」を活用した製品も展示。渡りチョウ「アサギマダラ」の特徴的な羽の形状を取り入れた扇風機、ガの目(モスアイ)の構造を応用した反射防止フィルムなどには、大人も好奇心をかき立てられます。

 同企画展の主担当を務める同館教育普及チームの迫中あやめさんは、「皆さんで作り上げる参加型の企画展にしたかった」と、誰もが気軽に投票できる「昆虫総選挙」を考案。実際に選挙で候補者が演説するように、昆虫が来館者に自身の魅力をアピールしている雰囲気を、意識したと語ります。

 同企画展の期間中は、昆虫に関連する多彩なイベントを実施。最終日は併設されたプラネタリウムで、宇宙空間から地球を眺め、生物の多様性に迫るプラネタリウム番組「いきものがたり」を5回にわたり投影します。

 昆虫を通じ、自然保護の意義や生物多様性保全の重要性を、改めて考えさせられます。

〈information〉
港区立みなと科学館
東京都港区虎ノ門3-6-9
03-6381-5041
https://minato-kagaku.tokyo/

東京民報2024年4月28日・5月5日合併号より

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る