はばたけパリへ パラ初舞台でメダルを 中央区出身 村上舜也選手〈2024年5月12日号〉

 「お水をふわっとかくように、いいよ。膝を閉じながら蹴るんだよ。今のはいいキックだ」―コーチの掛け声がプールサイドに響きます。アドバイスに呼応してフォームを修正しながら泳ぐのは、パリパラリンピック(今年8月)の推薦選手枠を初めて手中に収めた村上むらかみ舜也しゅんや選手(29歳=中央区出身・NECフレンドリースタフ所属)。183センチの長身と長いリーチを生かしたダイナミックな泳ぎが圧巻です。「自分自身に負けず、自分の限界突破に向けて練習する」プールを、訪ねました。

ダイナミックに水をかき、得意のバタフライで泳ぎこむ村上選手

 村上選手は今年1月からNECフレンドリースタフに務める社会人スイマーになり、週に5日の練習をこなしています。1回2時間の朝練習を週5日、さらに木・金曜日は午後にも1時間ずつ、週に7回の練習に励みながら、パリパラリンピックを視野に奮闘中。練習以外の時間はNEC府中事業所で仕事をする日々を過ごしています。

 大変ではないかと尋ねると、「お仕事は楽しいです。集中してやれています。水泳を知らない人と接する大切な機会で、応援されてやる気がでました。社食も素晴らしい」と笑います。

 「28歳からベストタイムが上がってきています。まだまだ伸びます」と語るのは、村上選手を指導する河合大輔コーチ。これまで3人の知的障害があるスイマーを指導してきた経験の持ち主です。「障害があるといっても三者三様です。障害があるというより、個性だと思って接しています」と微笑みます。

 さらに「水泳界も変わってきています。いわゆる体育会系の声を張り上げるような指導は時代にそぐいません。選手に合わせて抽象的ではなく、理論的にわかりやすく伝えるようにしています。それは障害の有無に関係はありません」と続けます。

 50メートルを泳ぐたびに「何秒だった」とタイムを気にする村上選手に、タイムとよくできた点を伝えた後に修正点を指摘する河合コーチ。二人の間が信頼関係でしっかりと結ばれている様子がわかります。

関連記事

最近の記事

  1. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  3.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  4. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  5. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る