平和と文化育む空間に まついハウス オープニングの集い〈2024年5月26日号〉

新作の「桜の四季」を実演

 「平和と文化をはぐくむ空間に」との思いを込めて建築された「まついハウス」(三鷹市井の頭)のオープニングの集いが10日から3日間開かれました。

 同ハウスは、松井朝子さん(パントマイミスト)と松井エイコさん(壁画家・紙芝居作家)の母親で、絵本・紙芝居作家のまついのりこさんや戦時中反戦を貫いた経済学者の祖父らの平和への遺志を継いで、エイコさんの夫・西島正樹さん(建築家)の設計で2020年に完成。その後4年間、コロナ禍で公開できずに来ました。

 この日の集いで、朝子さんは「コロナ禍の不安で孤独な時を超えて、この空間で皆さまとともに迎えられたことを幸せに思います」とあいさつ。参加者は吹き抜けの空間で、二人の実演を楽しみました。

 エイコさんは、のりこさんの代表作・紙芝居「おおきくおおきくおおきくなあれ」や、広島、長崎の原爆を扱った自作の平和紙芝居「二度と」を実演。問いかけながら演じ、応答の声で会場が盛り上がりました。

 朝子さんは、オリジナルの「きものマイム」の「壁」「凧」「独楽」「線香花火」の演技で参加者を笑わせたほか、新作「桜の四季」を羽衣で表現しながら演じました。羽衣は世界一薄くて透明感ある「天女の羽衣」という生地に加賀友禅染で、金粉や銀粉を使った桜の花びらを散りばめたもの。この羽衣をまとって美しく演じ、参加者を魅了しました。この羽衣は石川県の七尾市でつくられたことから、会場では能登半島地震の募金の呼びかけも行われました。

 集いを企画したのは、「ぴーぷろじぇくと」。2017年に亡くなった、のりこさんの「子どもたちへの平和と幸せへの思いを引き継いでいこう」と娘二人が設立。今後さらに活動を展開したいとしています。(松橋隆司)

東京民報2024年5月26日号より

関連記事

最近の記事

  1. 代表質問で小池都政の転換を訴える米倉都議=4日、都議会  都知事選(6月20日告示・7月7日…
  2.  国が2013年から15年にかけて一律2.5%の年金減額を定めたのは憲法25条(生存権)、29条(…
  3.  羽田空港での1月2日のJAL機と海上保安機の衝突炎上事故に始まり、5月24日には同空港でJAL機…
  4.  アジアを中心に約40カ国、320本の優れたドキュメンタリー映画を配信する「アジアンドキュ…
  5.  2024年度の介護報酬改定で、訪問介護サービスの基本報酬が2~3%引き下げられた問題をめぐり、日…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る