パレスチナ支援を日常で 旗を背に行動 木村隆文さん〈2024年6月2日号〉

 ハマス(イスラム抵抗運動)が昨年10月7日にイスラエルを襲撃して以降、パレスチナ自治区ガザ地区でのイスラエル軍の無差別爆撃で殺されたパレスチナ人は3万5000人を超えます。世界中の人々が心を痛め一日も早い停戦を願いますが、その願いとは逆に犠牲者は増え続けています。そんな中、清瀬市に住む木村隆文さん(61)は、「ガザで起きているのは、国際法違反の占領を続けるイスラエルによるジェノサイド(計画的な集団殺戮さつりく)。一人でも多くの人に正しい情報を伝えたい」と、ひとり行動を起こしました。

新宿駅東口でプラカードを手にアピールする木村さん

 黒、白、緑の三色ストライプに赤い三角形が映えるパレスチナ旗をマントのようにまとい、高く掲げた両手には「パレスチナに目を向けて!」「STOP GENOCIDE(ジェノサイドやめろ) FREE PALESTINE(パレスチナに自由を)」などと書かれたプラカード。道行く人がチラリチラリと視線を投げて通り過ぎて行きます。

 友人と会う時や買い物、電車やバスに乗る時も、自宅を出れば常にこのスタイルです。「デモとは違って、日常生活の中で当たり前のようにできます。『それは何ですか』と聞かれたらチャンス。パレスチナ問題の歴史から丁寧に説明します。正しい情報を伝えるために、たくさん勉強もしています」

 行動を始めたのは、イスラエルの攻撃が始まってすぐのこと。「大学の国際政治学の授業でパレスチナのことを学びました。1948年のイスラエル建国で70万人が難民化し、以後76年間にわたり国際法違反の占領、土地や家屋の強奪などが続いています。この瞬間にも殺されたり、手や脚を失ったりしている人たちがいる。その人たちの視点に立った時、猶予はない。自分ひとりでもできることをやろう」

 木村さんは、自らの活動をX(旧ツイッター)などで日本語と英語で発信。世界中の人たちから「あなたの勇気をたたえます」「パレスチナに寄り添ってくれて、ありがとう!」といった返信が届くようになりました。

心寄せる一助に シンボルのネックレス「パレスチナの鍵」を制作

 「世論を動かす一助になりたい。自分にもっとできることはないか」。思い及んだのが「パレスチナの鍵」でした。イスラエル建国で故郷を追われたパレスチナの人々にとって、帰還への希望を示すシンボルです。

 「停戦には世論の広がりが必要です。しかし停戦したとしてもイスラエルによる違法な占領が続く限り本質的な解決にはなりませんし、パレスチナの人々の苦しみは終わりません。パレスチナの鍵を手元に置くことで、パレスチナについて話をするきっかけになるかもしれないし、ずっと寄り添い続けていくことができるのではないか」

 この鍵をモチーフにペンダントを作り販売することにしました。Xで知り合ったパレスチナの女性から送ってもらった鍵を元にデザイン。長く愛用してもらえるよう素材は高級感のある銀を用いることにしました。ペンダントには、その女性に書いてもらったアラビア語の文字を印字。読み方は「Aidoun(アイドゥーン)」で「いつかパレスチナの故郷に帰ろう」という意味です。

 「パレスチナの人々の希望と勇気と正義の実現の象徴である鍵のペンダントです。一人でも多くの人の手もとに置いてほしい。パレスチナの自由の実現は、世界中の全ての人々の自由につながっているのです」。経費を除いた売り上げは、国際パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)などに寄付します。

「パレスチナの鍵」をモチーフにつくったネックレス

▼「パレスチナの鍵」ペンダント スターリングシルバー925の銀製品。縦約32ミリ、横上部約12.8ミリ、1個7800円~(送料込み)。チェーン別売1000円。フリーマーケットアプリ・メルカリで購入できます(パレスチナマン)

連絡はX(旧ツイッター)のダイレクトメール

東京民報2024年6月2日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る