笠井亮衆院議員に25年表彰 「政治の役割は安心の生活」〈2024年7月7日号〉

 日本共産党の笠井亮衆院議員が6月18日、衆院本会議で議員生活25年(衆院6期、参院1期)の永年在職議員の表彰を受け、謝辞を述べました。

 笠井氏は謝辞で、「四半世紀にわたり、さまざまな試練を乗り越え、比例代表で日本共産党を応援してくださった全国と首都東京のみなさんに心からお礼を申し上げます。また、どんな時も叱咤(しった)激励してくれた連れ合いにも、感謝します」と表明。「私の政治活動の原点は、広島の被爆2世としての非核平和の思いだ」として、「侵略戦争反対を命懸けで貫いた平和の党、日本共産党とともに歩んできたことは、わが人生の誇り」と強調しました。

 「今日、世界で戦争への逆流を許さず、平和を求める本流が力強く発展している」と指摘。核兵器禁止条約を採択した国連会議に参加したことなどにも触れ、日本政府が一刻も早く同条約に参加し、「憲法九条に基づく外交で、東アジアの平和を築く役割を発揮するよう、今後とも力を尽くす」と決意を語りました。

 また、在職期間が「失われた30年」と重なるとして、「政治の役割は安心の国民生活にある」と歴代12人の首相と論戦したことを紹介。「新自由主義や軍事強化の政治と真っ向から対決、対案を示し、日本共産党のチーム力を発揮してきた」と振り返りました。

自由が花開く社会

 さらに、世界でも日本でも「地球沸騰化、貧富の格差など、資本主義そのものが問われている」なかで、高い生産力を持つ日本でこそ、「誰もが尊厳をもって安心して暮らせ、『自由な時間』を取り戻し、能力を発展させることができる『人間の自由』が花開く社会」の実現へ、「ロマンある道を開拓していきたい」と述べました。

 謝辞の最後に笠井氏は、「いま、政治への怒りが噴出するなか、憲法を生かした希望ある政治の実現へ、全力を尽くす決意」を語りました。

東京民報2024年7月7日号より

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る