心が通じ合うたたかい 衆院選東京4区 谷川氏が謝辞〈11月7日号より〉

 市民と野党の統一候補として東京4区から出馬した谷川智行氏(比例重複)は、自民前職の候補に及びませんでした。

 午後8時半、選挙結果を受けて谷川氏は、事務所に訪れた関係者やサポーターの前であいさつ。同区から立候補を予定していた立憲民主党の元職・井戸まさえさんが15区にまわったことに敬意を表しつつ、「今回は市民と野党の幅広い共闘が実現し、とても深いところで心が通じ合うたたかいができたことを強く実感する。みんなに支援してもらい、候補者として幸せだった」と穏やかに語りました。

あいさつの後、グータッチをして感謝を伝える谷川氏(左)=10月31日、大田区

 ジャケットの内ポケットから「市民連合おおたの会」と締結した政策協定書を取り出し、「これは宝物。ここに希望があり、未来がある。実行するために引き続き全力をつくします」と決意を述べました。

 選挙期間には、赤ちゃんのときに看た患者が成長して街頭演説に応援に駆けつける、選挙に無関心だった女性が友だちとの会話をきっかけに、候補者の政策を比べて谷川氏に投票を決めたと報告に来るなど、うれしい出会いがいくつもありました。「勝手連とも短期間で一気に心が通い合い、一緒にたたかうことができた。映像制作なども、いろんな人が協力してつくってくれた」と支援者への感謝を示しました。

(2021年11月7日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る