国交省は団交に応じよ JAL 被解雇者労組が申し入れ〈2021年11月7日号より〉

 JAL被解雇者労働組合(JHU、山口宏弥委員長)は10月26日、10年超過しても未だ解決しない日本航空の労働争議をめぐり、国土交通省航空局事業課に文書により団体交渉を申し入れました。同労組は、JALの経営破たんと再建は政府主導で進められたもので、国交省にも使用者性があるとしています。

 国交省は「整理解雇問題は個別の企業として対応すべきもの。行政としての対応は適切でない」として要求を拒絶してきました。同省担当者は正式文書の受け取りを拒否し、短時間の聞き取りが行われました。

 この問題をめぐっては2012年4月、衆院国交委員会で前田武志国交相(当時)が「(JALが)解決する立場で見守っていきたいし、指導したい」と答弁し、行政の責任に言及しています。

 JALが争議解決に向けて誠実に向き合う姿勢を示さず、政府も指導すると言及しつつも団交に応じないなか、問題の解決に向け一歩踏み出すことが課題となっています。

(2021年11月7日号より)

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る