都が子どもアンケート 保護者半数「進学費用が障壁」〈2023年11月19日号〉

 「将来の夢や進路を難しくしているのは進学費用など経済的な理由」と考えている保護者が5割に上っていることが、東京都が今月まとめた「とうきょう こどもアンケート」で分かりました。子どもも4人に1人が、そう考えており、経済的理由が将来の夢に立ちはだかっている深刻な現状が浮き彫りになりました。

 調査は、子どもたちに関する実態や意識を定期的に把握・分析し、今後の「子供政策」を検討するために行うもの。都内に居住する小学3年生、小学5年生、中学2年生、17歳の子どもとその保護者各1500人、3歳児の保護者1500人、計7500世帯、1万3500人を対象に、5月18日~6月6日に実施しました。

 質問は子ども45問、保護者55問。子どもの「将来の夢や進路に関して難しくしている問題」について、保護者で最も多かったのは「進学費用が足りないなどの経済的な問題」が50.7%で最も高く、次いで「希望する将来像や進路に進む方法が分からない」が30.9%、「学力不足」が29.5%でした。

 学年別に見ると「経済的な問題」と答えたのは、3歳が64.2%と最も高く、小3で48.4%、小5が48%、中2が43.1%、17歳で44.4%と、全ての学年で4割を超えています。

 一方、子どもでは最多が「自分の学力不足」で37.2%、進学費用など家計の「経済的な問題」をあげたのは24.2%で、学年別では17歳が28.3%で最多でした。

 また、4割の子どもが自分は「とても幸せ」と感じていることが分かりました。「自分は幸せか」の質問に、「0」(まったくあてはまらない)~「10」(とてもあてはまる)の11段階で回答。「10」と回答した割合は、最も多く占めました。いずれの学年でも「10」が最も高く、小3では49.8%、小5では44.3%、中2では34.6%、17歳では19.0%でした。年齢が上がるにつれて割合が低下し、17歳は小3より30.8ポイントも低い結果でした。

 一方、保護者では「10」と回答した割合は、23.3%に留まりました。

東京民報2023年11月19日号より

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  日本共産党の曽根はじめ都議は5日の都議会一般質問で、防災を口実に、住宅街や商店街を分断する幹線道…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4.  東京都が公立学校に配置するスクールカウンセラー(SC)約250人を3月で「雇い止め」にした問題で…
  5. 要求を全国から持ち寄った参加者=5月28日、千代田区  「(看護学校で学ぶ)若い学生のたんぱ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る