〈一分1月2,9日号〉 岸田政権のもと、初の本格論戦となった臨時国会が12月21日に終わりました▼「聞く力」を…

 岸田政権のもと、初の本格論戦となった臨時国会が12月21日に終わりました▼「聞く力」を売りにする岸田首相。表面上はソフトに多くの言葉を並べているようでも、相手の質問に「まともに答えない、答えられない」場面が目立ちました▼看板政策の「新しい資本主義」も、その一つです。「新自由主義の転換」と言うものの、これまでの自公政権の政策の何が問題で、どう変えようというのか、首相の答弁からはまったく分かりません。むしろ、掲げているのはアベノミクスの焼き直しのような政策です▼岸田政権による、新しい危険な政治も見えてきた国会でした。首相の所信表明では、敵基地攻撃能力の検討を公然と持ち出しました。相手国のミサイル発射拠点などを攻撃するもので、大軍拡と軍事対抗のエスカレートを生みます。さらに、自民党の「改憲推進本部」を「憲法改正実現本部」に改め、首相自ら出席して改憲を訴えました▼迎える2022年の干支は「壬寅(みずのえ・とら)」です。「虎視眈々」と狙われる悪政に、「虎に翼」の共闘の力でストップを。そして、厳しい冬の先に、春の芽吹きが生まれる年とも言われる「壬寅」を、総選挙の悔しい後退を乗り越えて、市民と野党の共闘の成果が大きく発展する年に。

(東京民報2022年1月2,9日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る