【書評】共闘の原点、学ぶべき宝庫 『山本宣治やませんに学ぶ「科学・共同・ジェンダー」』本庄豊 著〈11月21日号より〉

 「山宣ひとり孤塁を守る。だが私は淋しくない。背後には大衆が支持してゐるから」―反戦・平和と治安維持法反対を貫き、暗殺された代議士・山宣やませんこと山本宣治の墓碑銘です。

 著者はこの墓碑銘から戦前の日本共産党系唯一の代議士である山宣について、「『悲劇の人』、『孤高の人』という潜在的なイメージを抱くようになっていった」が、そのイメージが変わったのは、日本共産党第二十八回党大会での立憲民主党の安住淳衆議院議員による来賓あいさつでした。

 安住氏は山宣の墓碑銘にふれ、党大会の代議員に「常に大衆とともに生き大衆のために立ち上がる信念を胸に刻み込みながら、皆さんと一緒にたたかっていきたい」と話しかけたのです。

日本機関紙出版センター 2021年 1200円+税 ほんじょう・ゆたか 1954年生まれ。「山宣」など近代日本社会運動史を研究。立命館大学・京都橘大学非常勤講師

 著者は安住氏の言葉は山宣の墓碑銘の「大衆が支持してゐるから」に感銘したからであるととらえ、そこに新たな山宣像を見いだしたのです。

 著者がその視点で研究してみると、常に大衆とともに歩んだ生物学者・性科学者であり、政治家・社会運動家である山宣像が浮かび上がったのです。

 山宣の生き方と理論・行動は、現代のコロナ問題にも貫くべき科学的見地の大切さ、共同の重要性と理論、「子どもをうむとうまぬは夫婦の自由」といったジェンダー平等を貫く先駆的理論など、今日の私たちが学ぶべき宝庫なのです。

 山宣は決して孤立していませんでした。治安維持法反対のたたかいを議会内外で展開、治安維持法改悪には立場を超えて170人もの議員が反対したのです。

 著者はそのことを紹介し、山宣の生き方にこそ今日の野党と市民の共同の原点があると指摘しています。

 山宣の墓碑銘の拓本を安住氏に贈ったのは、日本共産党の穀田恵二衆議院議員です。そして安住氏と穀田氏がこの本の推薦者となっています。

 総選挙は野党共闘の威力がしめされましたが、その大義と魅力を多くの人々に知ってもらうためにも、この本は力となります。(柏木新・話芸史研究家)

(東京民報2021年11月21日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る