日常の疑問を徹底トーク 市民連合がネット番組〈2022年4月10日号〉

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民団体「市民連合」が、政治や社会について腹を割り徹底的に話すことを目的としたYOUTUBE番組(オンライン動画)、市民連動プログレッシブ2022「TALK IT OUT」を、3月18日から週に1度配信しています。

 司会は法政大学教授の山口二郎、国際政治学者の佐々木寛、市民運動家の町田彩夏(政治アイドル)と菱山南帆子の各氏が順番に担当。第3回の配信は町田氏が司会を務め、「個人的なことは政治的なこと」をテーマに3月30日、ゲストに本屋「lighthouseライトハウス(千葉市)」の店主・関口竜平氏と、シンガーソングライターで文筆家のNozomiNobody氏を迎えてトークを繰り広げました。

トークする町田(左上)、関口(右上)、NozomiNobody(下)の各氏=3月30日

 関口氏は19年5月、ヘイトや歴史修正主義に該当する本は取り扱わないことを徹底したプレハブ小屋の本屋「lighthouse本店」を、千葉市花見川区幕張町の畑の一角にオープン。昨年1月、同町に幕張支店を開店しました。

 Nozomi氏は、コロナ禍で文化芸術の灯を絶やさない支援を国に求める活動「SaveOurSpace」や「WeNeedCulture」に参加。昨年の衆院選前に町田氏らと連帯し、投票行動につなげるアクション「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト」を立ち上げました。

 番組の最初の議題は「インボイス制度」について。Nozomi氏がスライドを使い、インボイス制度の概要を説明。「免税業者は課税業者になるか、得意先に値引きを迫られる可能性のある免税業者のまま事業を続けるかの2択しかない」「重い事務作業でフリーランスの売り上げと時間を奪う」「スキルや作品性ではなく、インボイスの有無で選別される」「生活を圧迫する納税が発生する」とインボイス制度の危険性を語り、「税率アップを伴わない増税」と強調しました。

 町田氏は「弱い立場の人が、より重い負担を背負うことになる」と発言。関口氏は大手出版社を支えているのは個人事業主の作家であると指摘し、「作品を生み出す人がいなくなる。なぜ(出版社は)のうのうとしているのか、違和感がある」と疑問を呈しました。

中絶・出産は女性の権利

 2つ目の議題は「セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)」。日本語では「性と生殖に関する健康と権利」と訳されています。中でも子どもを産むか産まないか、妊娠や出産、中絶といった生殖に関するすべてのことを自分で決められる権利「リプロダクティブ・ライツ」について議論を深めました。

 町田氏は、世界保健機関WHO))が安全な中絶方法として推奨している経口中絶薬を日本はいまだに承認せず、他国で普及している「手動真空吸引法」も国内では浸透していない現状に、「なぜ自分の体のことを自分で決められないのか」と憤り、日本に残る家父長制社会の価値観が「産む、産まないに対する自己決定権を奪っている」と主張しました。

 Nozomi氏は中絶や避妊方法について、「女性の体、女性の権利に関することを、女性がいない場で勝手に決められている」と男性目線の社会構造を批判し、「日本の女性たちの人権が軽視されている象徴的問題」と強調しました。

 関口氏は自身の本屋に並べているSDGs(持続可能な開発目標)関連の書籍に小学生が反応することに触れ、「学校でSDGsの授業があり、ナチュラルにその概念がインストールされている。性教育、生殖に関することを教育現場で学ぶことができれば、今の社会に違和感を持つ人が増えるのではないか」と述べました。

 最後に町田氏は、「フェミニズムに限らず、あらゆるマイノリティー(社会的少数派)が安心して本音で語り合える場を広げたい」と話しました。

▶▶番組はこちらから視聴できます。

〈2022年4月10日号〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る