検査、医療、保健 インフル流行前に抜本拡充を コロナ対策 共産党都議団が提案〈9月27日号より〉

 日本共産党都議団は11日、新型コロナウイルス対策で検査・医療・保健体制の強化・充実を求めて、小池百合子知事、藤田裕司教育長あてに申し入れました。

 共産党都議団は申し入れで、10日に都がコロナ感染状況の警戒レベルを1段階引き下げたものの、同日の陽性者数が276人になったことを示し、「感染増加に強い警戒感が必要だ」と強調。その上で、無症状などの陽性者を検出するスクリーニングでのPCR検査の拡充、インフルエンザ流行期への対策、医療機関の経営や医療現場への支援、保健所の体制強化と負担軽減など、20項目を申し入れました。

申し入れする(左2人目から)白石たみお、藤田りょうこ、斉藤まりこ、原のり子の各都議=11日、新宿区

 共産党都議団が申し入れた後も、専門家が「急速に感染拡大することが強く危惧される」(17日の都モニタリング会議)などと、予断を許さない状況が続いています。

 共産党都議団は、たとえ新規陽性者数に一定の減少が見られたとしても、無症状の感染者からの感染が続き、再び急増することにつながるとして、検査数を大きく伸ばす必要性を指摘。検査体制の強化は引き続き必要だとしています。

 10日のモニタリング会議のコメントでは、「感染リスクが高い地域や集団及び高齢者施設などに対して、感染拡大抑止の観点から、無症状者も含めた集中的なPCR検査を行うなどの戦略を検討する必要がある」とされています。

 共産党都議団は、都が第三回定例会(18日開会)に提案した補正予算案に高齢者施設、障害者施設での検査への支援が盛り込まれたことは重要としていますが、さらなる対策は不可欠だと強調。さらに今後、インフルエンザの流行があると、発熱などの症状がある多数の患者に対し、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の両方の可能性を考慮して診療、検査を行う必要があるとし、検査・医療体制の抜本的な強化をはじめとした、インフルエンザの流行期への対策を訴えています。

(東京民報2020年9月27日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る