都内 新規感染 都専門家「急速な感染拡大局面」 知事、政府の対策後手に〈11月29日号より〉

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。21日の都内の新規感染者数は、539人で19日から3日続けて500人を超えました。連日最多を更新し、1日あたりの新規感染者が500人を超えたのも初。都内の感染者は23日現在、累計3万8022人、重症者は41人。死亡者は累計で479人になりました。

 都が19日開いた専門家らによる「モニタリング会議」では、出席した専門家から「急速な感染拡大の局面だ。今後の状況を警戒する必要がある」との指摘がありました。都内の感染状況について4段階の警戒レベルで、最高水準の「感染が拡大している」に引き上げました。

 警戒レベルは10週続けて2番目に深刻な水準に据え置かれていましたが、約2カ月ぶりに最も深刻な水準に戻りました。4段階で示す医療提供体制の警戒レベルは2番目に深刻な水準を維持しました。

知事会見、具体的な対策触れず

 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、検査体制や医療体制の拡充が急がれます。都は検査能力について12月上旬をめどに1日最大6万5000件実施できる体制を整えるとしていますが、この間の実施数はほぼ5000件台にとどまっています。医療体制のひっ迫を心配する声もあがっています。

 しかし、小池百合子知事は19日の緊急記者会見で、「感染者は増えているが、重症者は増えていない」との認識を強調。「5つの小」と書かれたパネルを掲げ、飲食時の感染対策を強調。飲食店などへの営業時間の短縮要請や検査・医療体制の問題など、具体的な対策には触れませんでした。

 また、都独自の飲食店の需要喚起策「Go To Eat キャンペーン Tokyo」の「プレミアム付き食事券」の販売も、小池知事は変更することなく、予定通り20日にスタートさせました。菅義偉首相も国の「Go To イート」事業について、食事中も話すときにはマスクを着用する「静かなマスク会食」を呼び掛けるだけで、抜本的な見直しの考えは示していません。専門家からは対策が遅いとの批判が上がっています。

(東京民報2020年11月29日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  3.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  4. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  5. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る