学校休業助成 実態に基づいて改善を 青年ユニオンが厚労省要請〈2022年3月6日号より〉

厚労省に要請書を手渡すユニオンの代表=2月28 日、千代田区

 新型コロナが依然として猛威を振るい、子どもたちの感染が増える中で「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等助成金」などの改善を求めて首都圏青年ユニオンは2月22日、厚生労働省に申し入れました。日本共産党の宮本徹衆院議員、倉林明子参院議員も同席し、実態に即した制度改善などを行うように求めました。

 同助成金は子どものり患や学級・学校閉鎖(保育施設などを含む)のために勤務できないなどの場合に有給休暇(年次有給休暇とは別)を取得させた際の賃金を補填する制度で、事業所が申請を行います。事業所が申請しない場合、特別相談窓口の相談を経て個人で申請が可能ですが、事業所が支給要件の確認書で「休業させた」との取り扱いを認めないために不支給となったケースがあります。また、大企業のシフト制労働者は個人申請ができない制度です。

 ユニオンは組合員に向けたアンケートでの「賃金保障がないために経済的に困窮している」との結果を示し、「育児にかかわる休業が権利化されていない」として、生活が困難だと指摘。同制度の要件緩和と対象拡大などの改善とともに、育児介護休業法の改正による〝子の看護休暇〟の抜本的な拡充を要請しました。

〈東京民報2022年3月6日号より〉

関連記事

最近の記事

  1. 新宿区内をデモする参加者=4日  昨年12月に突然知らされた環境省による新宿御苑への放射の汚…
  2. 水彩による原画が並んだ会場=稲城市  耳の不自由な人をサポートする聴導犬の仕事と日常を楽しく…
  3. 超党派議連の会議であいさつする海江田会長=5月24日、千代田区  超党派国会議員による「羽田…
  4.  都議補選の大田区選挙区(被選挙数2)が4日、投開票され、共産党や立憲民主党、新社会党が支援した前…
  5.  「若者憲法集会」が11日に都内で開かれます。  メーン企画は午後1時半から千代田区の有楽町…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る