米倉都議「今は立ち止まろう」 都立・公社病院 6波さなかの独法化強行 都議会代表質問 全会派に呼びかけ

 都議会第1回定例会は本会議を開き、小池百合子知事の施政方針に対する代表質問(2月22日)と一般質問(2月24~25日)を行いました。日本共産党からは代表質問に米倉春奈都議が立ち、都政の重要課題で知事をただしました。その中で、7月移管に向けて都立病院条例廃止をはじめ7つの関連議案を提出した都立・公社病院の地方独立行政法人化について、施政方針でなぜ一言も触れなかったのかと厳しくただすとともに、新型コロナ第6波のさなかの独法化は一旦立ち止まろうと、全会派に呼びかけました。

代表質問に立つ米倉都議=2月22日、都議会

  「丁寧に説明すると言ったのはうそだったのか。実際は説明する言葉がないのではないか」。米倉都議は小池知事を厳しくただしました。

 米倉都議は独法化中止を求める署名が30万人を超え、3つの障害者団体が「都立病院条例廃止」の中止を求める要望書を都議会全会派に提出するなど、都民の理解は得られていないと強調。

 また独法化で都職員7000人が公務員の立場を奪われるのに、大塚病院での説明会には職員約600人中約30人しか会場に参加していないなど、コロナ対応で忙殺されている職員との十分な意思疎通はできていないと指摘。「独法移行に際し職員団体との十分な意思疎通を定めた国会の付帯決議違反だ」と追及しました。

 その上で「独法化に対する意見の違いは色々あっても、コロナ禍の第6波のさなかの今やるべきではない」と強調。独法定款に賛成した会派も含めて「今は立ち止まることを心から訴える」と呼びかけました。

 小池知事は「昨年3月の第3回定例会で法人の定款を議決いただいた」「7月の設立に向け、引き続き必要な準備を着実に進めていく」と強弁。米倉都議は「聞いたことに答えていない」として再質問し、「施政方針で、なぜ一言も触れなかったのか、都民のみなさんに分かるように、きちんと丁寧に説明を」と迫りました。知事は席を立たず、西山智之病院経営本部長も答えませんでした。

病床削減も推進

 米倉都議は「都立・公社病院の独法化は、医療費や公共サービスを削減する、自民党政権による新自由主義の具体化に他ならない」と強調。予算案に消費税を財源に都内医療機関の病床を削減する病床機能再編支援事業1億6000万円を計上したことも重大だと批判しました。

後手のコロナ対策

 小池知事は新型コロナ感染拡大の第6波で猛威を振るう変異株オミクロン株に対して、「先手先手の対策を講じ」「効果は着実に表れています」と胸を張りました。

 これに対し米倉都議は「対策は後手後手だ」と批判。都民生活や医療、保健所、介護施設、学校、保育園などの現場の実態は極めて深刻で、重症者や死亡者が急増していると指摘。都の一日当たり13万件の検査能力に対して実際の検査数が6万件をピークに減少していること、3回目のワクチン接種も遅れていることをあげ、「コロナ危機が始まって以来、最も深刻な事態という認識で対策を講じる必要がある。検査能力を十分活用できていない原因を明らかにし、必要な人が迅速な検査を受けられるようにすべきだ」と提言。佐藤智秀・都健康危機管理担当局長は「必要な検査を受けられる体制を確保している」と、実態から目をそらす答弁をしました。

 米倉都議はまた、国が検査への診療報酬を大幅に引き下げ、検査をするほど赤字になるとの声が上がるもとで、PCR検査1件当たり5000円を補助する海老名市(神奈川県)のような都としての検査補助が必要だと主張。学校や保育園での子どもたちへの定期検査、高齢者施設での週1回のPCR検査を週二回に増やすことなどを提案しました。

 都が打ち出した陽性者の「自分で健康観察」という方針について、「放置と言わざるを得ない」と批判。保健所やフォローアップセンター、食料配布などの支援体制強化を要求。市町村長から保健所増設を求める意見が相次いでいることをあげ、「保健所増設を決断すべきだ」と求めました。

都政の重要課題で小池知事をただす米倉都議=2月22日、都議会本会議

関連記事

最近の記事

  1. 外苑再開発について石川氏(右)の説明を聞く蓮舫氏(左から2人目)=8日  都知事選に出馬を表…
  2.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  3.  「やったー、勝訴だ」―東京地裁前で傍聴席からあふれた支援者らが、勝訴の旗を見て肩をたたき合い歓喜…
  4.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  5. 小池都知事宛に決議を提出する参加者=6日、新宿区  東京都が防災性の向上を理由に、2025年…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る