【アーカイブ連載】横田基地の今①コロナ禍もどこ吹く風 〈2021年5月23日号より〉

 横田基地内でのコロナ感染情報は、北関東防衛局を通じて地元自治体に届けられています。

 昨年の10月から11月、急激に基地内での感染者が増え地元自治体では緊張が走りました。最近は一進一退という状態ですが、コロナ禍などどこ吹く風と、横田基地では特殊作戦機CV22オスプレイや輸送機C130Jの訓練が激しく繰り返されています。

 米軍基地反対運動のスローガンに、「黙っていたら100年先も基地の街」というのがあります。でも、実際にはもう何十年も黙らず声を上げてきたけれど、米軍基地はびくともせず居座り続けているように見えます。

 基地を抱える自治体の調査では、「米軍基地があるから平和が守られてきた」と思っている住民が多いのが偽らざる現実です。政府や一部マスコミの流す「中国・北朝鮮脅威論」や「米軍抑止力論」などによって、本当に危険なものが見えにくくされているからです。

 しかし今、米軍基地をめぐって劇的な変化が起きようとしています。

 それは、日本政府が自ら守り続けてきた「専守防衛」を覆し、憲法違反の「敵基地攻撃能力保持」に踏みこんだため、「戦闘機やミサイルを使って、やられる前にやってしまえの時代」に突入してしまったからです。

 こうなると、もし本当に「敵」がいるなら、基地周辺に住む私たちは、基地もろとも「敵」のミサイルで吹き飛ばされてしまう危険にさらされ続けることになります。

 さて「敵」とはだれで、どこにいるのでしょうか。米軍はなぜ休みなく激しい訓練を繰り返しているのでしょうか。

 ここで注目されるのは、低空飛行など極めて危うい軍事訓練が全国でなされている事実です。いま、全国の空を使って米軍がこれまでになかった危ない訓練を繰り返すようになっています。一体何のための訓練なのでしょうか。日本を米軍のインド太平洋地域での作戦拠点にする動きということのようです。そして、ここに自衛隊も組み込んで、日米軍事一体化が急速に進められています。

 世界で一番戦争に近い軍隊は先制攻撃を繰り返してきた米軍です。いま、もし黙っていたら、横田基地は、急激に今まで以上に危険な戦争準備の場・訓練場にされていくことは目に見えています。そこが「敵」にとって重要な攻撃対象になることは、子どもでもわかる話ではないでしょうか。(横田基地の撤去を求める西多摩の会事務局長 寉田一忠)

(東京民報2021年5月23日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  日本共産党の曽根はじめ都議は5日の都議会一般質問で、防災を口実に、住宅街や商店街を分断する幹線道…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4.  東京都が公立学校に配置するスクールカウンセラー(SC)約250人を3月で「雇い止め」にした問題で…
  5. 要求を全国から持ち寄った参加者=5月28日、千代田区  「(看護学校で学ぶ)若い学生のたんぱ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る