消費増税中止を国に求めよ 藤田都議が討論 都議会閉会

五輪を貧困打開の跳躍台に

 定例会では築地市場跡地の活用方針「築地まちづくり方針」が重要な論点になりました。小池百合子知事は、「築地は守る」「市場機能を確保する」と約束していたのに、同方針からはその約束は消え、「築地に都として卸売市場を整備することはない」と明記しました。

藤田都議
討論に立つ藤田りょうこ都議=6月19日、都議会

 藤田都議は討論で「知事の公約違反がいっそう明確になった」と指摘。まちづくり方針素案に対する都民のパブリックコメントに寄せられた公募意見202件中、知事の公約違反への批判や、市場整備を求める声が70件以上寄せられたのに、知事が都民の声を受け止める姿勢を示さなかったと厳しく批判しました。

 同方針について、国際会議場を中心とした都心一等地の再開発にすぎないとし、「民間企業の利益優先の再開発でなく、築地市場の歴史をしっかり引き継ぎ、都民と市場関係者、場外市場のみなさんから歓迎されるまちづくりを」と求めました。

 共産党都議団は定例会で東京五輪・パラリンピックを「人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会に」を掲げるオリンピック憲章と「誰ひとり取り残さない」を合い言葉に、貧困の打開、不平等の是正を目標に掲げる国連SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた跳躍台とすることを提案。そのことで都の対応の問題点が、浮き彫りになりました。

 その一つが周辺公示価格より1200億円も値引きして都有地を大手デベロッパーに売り渡した選手村問題です。藤田都議は、都が都有地を選手村用地として大手デベロッパーに格安で売り渡し、五輪後に大多数の都民が手を出せない高級マンションとして販売することを批判。低家賃の住宅を整備するよう求めました。

 五輪のバレーボール会場として整備した有明アリーナの五輪後25年間の運営権を、電通を代表とするグループ会社に94億円で売却するコンセッション方式の導入もそうです。共産党都議団だけが反対しました。

 都が520億円もの財源を投じてつくった施設なのに、都立施設の位置づけがなく、運営内容などが議会にかかる仕組みもありません。契約終了後の大規模修繕は都の責任です。都が運営しても年間3・5億円、25年間で90億円の黒字が見込まれる施設なのにです。

 藤田都議は「黒字が見込めるおいしいところは民間事業者に提供し、大規模修繕などは都の負担、こんな都民にとって割に合わない話はない」とのべ、都民の暮らし・福祉充実の中で東京五輪・パラリンピックを迎えることを求めました。

 最終本会議では、豊洲市場内の黒い粉じんの調査、対策を求める請願は、共産党、生活者ネット以外の反対で否決されました。

関連記事

最近の記事

  1. 東京15区 補選に小堤氏  公職選挙法違反の罪で起訴された柿沢未途被告=自民党を離党=の辞職…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 新空港線 無謀な着工、見合わせて 800メートルに1…
  3. 衆院予算委員会で質問=2月6日  来年度予算案の審議がはじまり、日本共産党のトップバッターと…
  4.  都知事選(7月7日投票)で、市民と野党の共闘候補の実現を目指す選考委員会が8日に立ち上がりました…
  5.  都知事選で市民と野党の共闘候補を擁立しようという第1回「候補者選考委員会」が8日、都内で開かれま…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る