都議会文教委 「五輪中止」陳情不採択に 自公都ファが反対  共産党は採択主張

 都議会文教委員会で5月28日、東京五輪・パラリンピック大会中止を求める陳情が審査され、日本共産党と立憲民主党は賛成しましたが、自民党、公明党、都民ファーストが反対し、不採択とされました。

五輪のエンブレムが掲示される都庁

 とや英津子都議(共産党)は、世論調査で6~7割が中止を求め、WHO(世界保健機構)上級顧問の医師も「できる状況にない」と述べていることを紹介。アスリートや大会関係者に毎日PCR検査を最大5~6万件見込む一方、都内の検査数は5月中旬以降1万回を超えたのは2日間のみだと指摘。「都民はもとより世界中の人が不信を募らせているのではないか」とただしました。

 都側は関係方面と調整しながら「安心・安全な大会を目指す」との答弁に終始。とや都議は「都民は満足に検査も受けられない。変異株の脅威にさらされている都民の命と健康を最優先にすべきではないか」と陳情採択を主張しました。

 自民、公明は意見表明もせず、都民ファは「再度の延期も含むあらゆる選択肢を視野に入れるべきだ」とのべながら、採択には反対しました。この3会派は、コロナ感染が拡大する昨年10月の都議会で「大会の開催と成功に向け全力で取り組む決議」をあげ、小池知事に大会準備の加速を迫っています。

 共産党は都議選政策で「東京五輪は中止し、コロナ収束のために持てる力を集中するよう強く求める」としています。

【東京民報2021年6月6日号より】

関連記事

最近の記事

  1.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  3. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …
  4.  「尋問は有害」―国を相手取った裁判の証人の候補の一人に、国側が投げかけた言葉としては、かなり異例…
  5. 平和祈念館 すすめる会が記者会見  東京空襲の犠牲者を悼み、都民の戦争体験を後世に継承する「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る