あきる野市議選 共産党3氏全員当選 変わり始めた市政を前に

 あきる野市議選は13日投開票され、日本共産党の、たばたあずみ(46)、松本ゆき子(69)=以上現=、関口えり子(55)=新=の3氏全員が当選し、現有3議席を守りました。

当選を喜ぶ(前列左3人目から)松本、関口、たばたの各氏ら=13日、あきる野市

 市議選では、変わり始めたあきる野市政をさらに前に進めるのかを巡って激しくたたかわれました。共産党は市民要求の実現へ、かけがえのない役割を果たしてきたこと、市民本位の市政をさらに前に進め、コミュニティバス「るのバス」の増便・ワゴン車などの補助交通の導入、補聴器購入や調整への支援の実現などを訴え、大きな期待が寄せられました。

 市議選は定数21に対し27人が立候補。党派別当選者は共産、自民、公明が各3議席、立憲2議席で、いずれも現有を維持しました(表参照)。

【東京民報2021年6月20日号より】

関連記事

最近の記事

  1. 「気候危機はいのちの問題」とマーチでアピールする参加者=9月23日、渋谷区  「進み続ける気…
  2. 厚労省の担当者に要望書を手渡す保団連住江憲勇会長(右から2人目)と役員=9月22 日、千代田区(写…
  3.  敬老の日の9月15日時点の東京都の高齢者(65歳以上)人口が312万人となり、前年比で2000人…
  4. 倉林氏(中央)に署名を手渡す参加者=9月21日、千代田区  75歳以上の高齢者への医療費窓口…
  5. 「私事ではなく、後に続く人のためにも必ず逆転勝利を」と訴える岩崎さん=9月24日、狛江市 「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る