羽田低空飛行 「回避」でも都心が直下に 山添、白石議員ら追及〈10月3日号より〉

 東京の都心上空を飛行する羽田空港の新ルートの固定化を回避するとして国土交通省が設置した検討会の4回目の会合(8月25日)について、日本共産党の山添拓参院議員、白石たみお都議、関係区議らは9月22日、同省から説明を聞き、問題をただしました。

 今回の会合では導入可能性がある飛行方式として、第3回の会合(今年3月)で6つに絞った方式をさらに2方式に絞り込み、今後、技術的検証などを行うとしています。

検討会について聞く(前列左2人目から)白石、山添の各氏ら=9月22日、参院議員会館

 山添、白石氏らは検証に要する期間や、検討会資料で2方式について曲線経路を飛行する図が示されていることに関して滑走路に最終的に進入する際の直線距離などについて説明を求め、「2方式でここはルートからはずれるという地域はあるのか」とただしました。

 同省の担当者は検証期間について「数年」とのべ、「曲線をどう使うか、どういう大きさかはこれからの検討」と説明。ルートから確実にはずれる地域については「滑走路からの離陸機もあるのでその前は横切ることはできない。そこくらい」としか答えませんでした。新しい「回避」ルートでも、都心各地はルートの直下になる可能性が浮き彫りになりました。同省は新方式によるルートが設定されれば、今度はそれが「固定化」されることも認めました。

(東京民報2021年10月3日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る