〈一分12月12日号〉「屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る」―岸田文雄首相が6日、所信表明演説で、アメリカの…

 「屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る」―岸田文雄首相が6日、所信表明演説で、アメリカのケネディ元大統領のものとして引用した言葉です▼新型コロナの次なる流行に備えて、「最悪の事態を想定」した準備を今から実行すると訴えた岸田首相。演説では、今年の夏より1万人多い3万7千人規模の入院ベットを確保したことや、ワクチンの3回目接種、飲み薬による治療薬の普及などを進めると強調しました▼入院体制確保の一方で岸田政権は、消費税収を利用した病床削減の計画に固執しています。大雨が来るのが分かっているのに、屋根に空いた穴を修理どころかどんどん広げていくようなチグハグな対応です▼所信表明では、岸田首相が掲げる「新しい資本主義」を「歴史的挑戦」と位置付けています。市場や競争に過度に依存する新自由主義の見直しを掲げるとしながら、強調したのは「まずは成長戦略」。デジタル化、経済安全保障の名による大企業支援など、安倍・菅政権そのままの政策が並びます▼岸田氏はさらに、「敵基地攻撃能力」の保有検討にも踏み込みました。アベノミクスの名の下でかつてない軍拡を進めた安倍政権の路線をさらに進め、危険な「戦争をする国」への歩みが加速しています。

(東京民報2021年12月12日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る