子ども医療費助成18歳までに 共産党都議団の提案実る

 東京都は1月28日、23年度から子ども医療費助成の対象を、現在の中学生までから18歳までに拡大する方針を明らかにしました。新年度予算案には、そのための準備としてシステム改修費7億円が盛り込まれました。日本共産党都議団が議会質疑や条例提案で繰り返し求めてきたものが実現します。関係者からは歓迎の声があがっています。

子どもの医療費助成を18歳までに拡大する方針に歓迎の声が

 都は現在、未就学児は医療費の自己負担額の半額、小中学生は自己負担額から外来一回あたり200円を引いた額の半額を助成(所得制限あり)。残る自己負担額の半額は、区市町村が助成しています。23区などでは自己負担分200円や所得制限で対象外となった世帯も独自に対象に加え、23区などでは無料化し、所得制限も撤廃して実施しています。

 3区2市7町村では18歳まで助成対象を拡大しています。都は「23年度の助成開始に向け、制度の具体的内容を区市町村と協議する」としています。

 日本共産党都議団は2010年以降、予算要望や都議会の質疑で18歳までの医療費無料化を繰り返し要求。18年6月と21年12月の都議会には、18歳までの無料化条例案(所得制限なし)を提出しましたが、自民党、都民ファーストの会、公明党、日本維新の会などが反対し、否決されていました。

(東京民報2022年2月6日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る