新生存権裁判 国の陳述に矛盾 コピペ判決に怒りも〈2022年2月20日号〉

 生活保護費の削減は憲法25条の生存権を侵害するとして削減は無効と、国を相手にたたかう新生存権裁判の第9回口頭弁論が8日、東京地裁で行われました。原告団は国の主張するデフレは実態とかけ離れた「まやかし」と主張。さらに国の反論が「デフレによる是正」から、突然、〝相対的〟という文言が追加され、国会答弁でもひとことも発していない〝一般国民との不均衡を是正する〟との主張を始めた点について指摘し、矛盾をただしました。

「道理ある判決」を望む原告、支援者らを激励する山添氏=8日、千代田区

 原告はまた、情報提供として、同様の裁判で訴えを退けた昨年5月の福岡、9月の京都、11月の金沢の各地裁の判決文において「NHKの受信料と記載するところを、受診料と誤記し、判決文のコピペ(パソコンなどで文書を複製し貼り付ける)したとの疑惑が新聞で報じられている。裁判所の見識を疑う事態だ」として、東京地裁において慎重な対応を求めました。

 弁論後、報告集会が行われました。弁護団からの「首都東京で勝利を勝ち取ることは、政治的にも社会的にも影響力は強い。焦ることなく、いい判決を得るために頑張ろう」との発言に拍手が起こりました。また、「誤字も同じ、コピペ判決は裁判官の堕落だ」との弁護士の声に会場が沸きました。

 山添拓、田村智子両参院議員が駆けつけ、連帯と激励のあいさつをしました。

(東京民報2022年2月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る