藤本候補 自民系に勝ち当選 共産党が単独第一党に〈2022年4月10日号〉

市議補選で当選を決めた藤本氏(後列左から3人目)とともに喜ぶ原のり子(同2人目)、宮本徹衆院議員(同4人目)、市議ら=3日、清瀬市

 改選数2に対し3人が立候補し、大激戦となった清瀬市議補選が3日投開票され、日本共産党の藤本いせ子候補は7036票(得票率29.7%)を獲得し、2位で当選。自民系の2候補独占を許しませんでした。日本共産党は定数20人のうち6議席(議席占有率30%)となり、単独第1党となりました。当選を決めた藤本氏は支援者への感謝を述べるとともに、「討議の仕方を何とかしたいと、傍聴していつも思っていた。議会のルールをしっかり守らせていきたい」と、教師歴45年を生かして議会に臨む意欲を語りました。

 ロシアによるウクライナ侵略が大問題となる中での選挙戦で、藤本氏は「平和が一番。9条を守り、生かす政治を。子どもたちに平和な未来を手渡しましょう」と訴えました。争点となった清瀬小学校と第八小学校との統廃合問題では、「計画をストップし、八小は存続、清瀬小は早期に建て替える」とし、少人数学級の実現を公約。

 また市民の願いで市政を動かす共産党市議会の実績とともに、コロナ対策の拡充や商店など中小業者への支援、松山・野塩出張所の廃止延期などを訴え、支持と共感を広げました。

〈東京民報2022年4月10日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  憲法9条を守る運動のシンボルとして、府中市にも「9条の碑」をつくろう―。40年目を迎えた「けやき…
  2.  「年収200万円で家族を養えますか。値引きシールが貼られるまでお肉は買えません」―自治体で働く会…
  3.  ひきこもり支援を標榜する“引き出し屋”に暴力的対応を受けた原告男性(30代)が自身の医療保護入院…
  4. 情報公開の期間延長について、文書を示して質す池川都議=21日、都議会  各会計決算特別委員会…
  5. 公営企業決算特別委員会で質疑に立つ和泉都議=14日、都議会  公営企業会計の決算特別委員会(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る